ちゃこみんコバヤシのなんわか元気ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

急ぐと、どうしても間違います。

焦ると、本当は存在しないようなリスクが気になりだして、妄想から風車に立ち向かったドン・キ・ホーテみたいになります。

心を落ち着けるために、視点を変えよう・・・・・

そんな感じで、須崎の八幡様に行きました。

51
22
28


子供の頃に遊んだ境内もそのまま。

広場は駐車場になっていますが、その他は健在です。

お正月にも行きましたけどね。

僕のパワースポットです。

もひとつ、西南大規模公園の眺めもご紹介。

46


ここでも心が洗われます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日マルナカで見つけたシュロ(?)の木。

先っちょだけ残っている。

無題


風のせいですかね?

横のも同じようになってました。

題
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昔は一億総中流なんて意識があったのですが、バブルが弾けて以降、本当は君たちは貧しいんだぞってマスコミが言い出した。

あれは、政治への批判からPRされた事だったような気がしますが、以来日本人が自信を失ったような気がします。

謙遜さは必要だし、現実を直視するのも必要だと思うのですが、どうも行き過ぎではないか?

自分を卑下すると、できるものもできなくなるし、自分は安売買いと安売りでいいんだって感じになってデフレ化が進んだんじゃないんかな?

PCや車も「使えればいい」なんて安物を探す人が多いですものね。

それでいいんかいな?

って思ってたら、案の定、すぐ壊れますけど。

こういう意識は却って問題なんじゃないかな?

って思っている矢先に見つけて買ったのが「日本覚醒 [ ケント・S.ギルバート ]」。
op


ケント・ギルバートさんが、経済や歴史から日本人がもっと自信を持っていいということを説明してくれています。

読んでて改めて思いました。

日本人はもっと自分のことを知るべきだって。

アメリカがどうしたとか韓国がどうのとか、よそのことばかり話してきましたもんね。

自分と自分の生活の事にもっと目を向けたいですね。

ついでに言うなら科学の発達で効率が良くなり、昔より生活は豊かになってると思うのですが、税金が上がった分だけ負担が増えている。

その分だけ節約しようとするのがデフレに繋がっているというのもある。

税金の無駄遣いに対して声が上がってき始めたところをみると、今後は良くなるのではないかな?

とも思ってます♬



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

なにがイラッとするかって、急いでるときに思い通りにならないのが腹立つ。

例えば、急いでPCを使いたいときに出てくるこれとか↓

2


早く飲みたいのに袋が破けないこれとか↓

1


落ち着いて考えればどうということもなく対処できるのに、急いでいたらぶん殴りたくなる。

でも、モニターを壊したら大損だし、ジョアを投げれば掃除が大変。

人間とは愚かなものですね。

投資で失敗するのも、博打で生活費までつぎ込んで大損するのも感情に負けるからなんだそうですが、現実と自分の感情は食い違っていることを前提に生きていかなければどんどん窮地に追いやられていきそうです。

そして、世の中には人を動揺させてチャンスを掴もうとする人たちのPRが溢れている。

だからとりわけ意地も焦りも禁物だと思います。

いかなる時にも動じない、ゴルゴ13に学ばなきゃいけませんね。

こんどイラッとしたら、

「落ち着け、落ち着け、俺はデューク東郷だ、デューク東郷だ・・・」

ってつぶやくことにしよう・・・

そして、(僕はタバコを吸わないから)タバコの代わりにいもけんぴでも咥えて、

「・・・・・・・・」

って黙想することにします。

一呼吸入れるといいアイディアが湧くもんですしね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨日、ラジオで武田鉄矢さんが鶏の偉大さに触れておられましたけど、鶏がいなくなったほうが牛や豚より大混乱になるという事でした。

お肉は食べなくてもいいけど、卵が無くなると困りますね。

ケーキやらパンやら揚げ物やカツ丼やなんやらかんやらが作れなくなります。

卵がないために暴動まで起きた所もあるとか。

鶏、恐るべし!

お正月に幸運の鶏まさひろくんの事を考えながらケンタッキーフライドチキンを食べていた僕は、激しい矛盾に自責の念に駆られたもんですが、無精卵の卵なら頂いてもよろしいのではないかと思います。

僕も子供の頃には鶏を飼っていたんですが、毎日卵産んでくれてたもんな・・・

鶏はあまり飛べないので、飼ってたときは野犬や野良猫から守るのが大変だったので弱者のイメージがあったけど、全体の貢献度からすると、世界を動かす存在なんですね。

一見弱そうに見えても実は強い。

まさに木鶏とはこの事か!




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


「嫌なことは忘れるいいことしか考えない」

今年もこれで行きます。

自分はクヨクヨしたがりなので、なにかうまくいかないと考えすぎる。

現場でネジを閉め忘れたんじゃないかとか、相手を怒らせたんじゃないかと思い出すと夜も寝られない。

実際に見に行くと、ネジはちゃんと締まってるし、相手も怒ってない。

こっちが気にしてなかった、他のことで怒ってたり失敗してたりすることはありますが。

問題も、ほっておいたら別の解決策が出てきたりするし。

自分の知恵なんて、所詮その程度。

大局から物事を見るなんてとてもできない。

それに気づいたから、やるべきことをやって、それでも気になることはやり過ごす。

そうしたら、けっこう気分が楽になりました。

ありもしない嫌なことを想像して、脳のリソース減らすのも、もったいないですわ。

そういうことで、今年もそれで行こうと思います♬



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

4コアなのに初期状態ではかなり重いAspire ZC AZC700-N14F

業を煮やしてメモリ増設です。

物が新しいせいか、探すけど分解方法はネット上には見当たらない。

みなさんデフォルトで使っているんでしょうか?

幸い以前買いミスって不良在庫化したDDR3の4GBのメモリがあるのでやることにしました。

メモリは最大8GとなっているのでスロットがあればOKなはず。

作りが分からないとカバーの爪が折れたりするんで嫌なんですけどまんまでチャレンジしてみました。

まずは、足カバーを外す。

2


カバーを外したら4本のネジを外す。

3


次は裏蓋の下に3つあるネジを外す。

1


次が問題。

DVDドライブの小さな穴にクリップの先を挿して蓋を開けて、ベゼルを外す。

このベゼルは2つの爪で止まっていて、それぞれ方向が他所を向いています。

これが分からず、力加減で危うく折ってしまうところでした。

↓赤丸のところに爪があります(見やすいように白でなぞってあります)

4


ベゼルを外したら、ドライブを閉めて、細いマイナスドライバーで慎重にこじて、裏蓋の爪をすかしていきます(DVDドライブ側からやると外しやすいです)。

爪をすかしたら、裏蓋をDVDドライブと反対側にずらして取り外す(ずらさないとサウンドジャック側が引っかかるので)。

5


ネジを外してCPU側のカバーを外します。

6


ラッキーな事に、メモリは4G1枚挿しで、スロットが空いていました。

7


2枚挿しました。

8


あとは折り返しで閉じて起動。

お陰様で8GBで認識され、普通に動くようになりました。

マカフィーとかacerのアプリが入っていて、これが足を引っ張ってるのは間違いないんですが・・・・

試しにiobitのアンインストーラーでマカフィーをアンインストールしようとっしたのですが、うまく行きませんでした。

この辺がメーカー機の面倒なところですね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

90年代夜中にやってたアメリカドラマ

大分にいた頃、よく録画してみていました。

TOSが多かったかな?

俺たち賞金稼ぎフォールガイ

とか、

潜行刑事ダン

とか、

ブルーサンダー

とか、

ナイトライダー

も良かったですね。

中でも、

冒険野郎マクガイバー

は、特に好きでした。

現場で窮地に陥ったらその辺にあるものを使ってアイテムを作って解決というパターンが最高!

なければ作ればいいっていう発想は今でも素晴らしいと思うし、持ってなければその辺の物で代用っていうのもいい。

また、それをするには目的物の構造や原理という知識も必要になるし、思考力も要る。

どこを取っても素晴らしいマクガイバーに惚れたものです。

それが今では現場で修理するのに工具やら部品を現場で調達・・・って仕事に役立ってるとか(?)。

最近のドラマは恋愛やサスペンスの要素が入ってきて、ストーリーが高度になった感じですが、ヒーローが有無を言わせず力技で大活躍っていうのがボクは未だに好きです。

再放送とかあまりやってないのかな?






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

だいぶ前に、鈍感力 (集英社文庫)って言う本が話題になりましたが、当時僕はそんな力をつけてどうするんだって思ってました。

理由は、周りに何やらかしてもこたえないヤツがいたから。

時を経て2017年。

今僕は、その能力が生きていくために必要な能力だと感じています。

どうでもいい80パーセントに対して重要な20が生じるというパレートの法則ってのがありますが、経験的にそれが正しいと思うから。

一発で事を決めることは自然の法則からしても、ほぼ不可能。

自然の成り立ちからいうと、5回やって一回成功するのが当たり前という事ですね。

それを成功率100パーセントでやろうとして失敗したなんて悩むのは自然に逆らう事です。

自然に逆らわずに、ここ一番でうまくやろうと思えば、それまでの練習を4回行っておかなければならない。

段取り8割って事ですね。

それが、鈍感力とどう繋がるかっていうと、対人関係でもそれが当てはまると思うから。

自分にしても相手にしても、たまたま機嫌が悪いとか、タイミングが悪いとかで、失言したり悪い態度を取ってしまう時もある。

それも8割がた生じる可能性がある。

取引先とか、毎日会う人に対してだとある程度心構えができてるから、実際には頻繁に揉めることもないだろうけど、全くやらかしてしまわないという事はない。

そこで鈍感力がないと、問題がどんどん広がっていく訳ですね。

以前の職場で、社長と先輩が在庫のワイパーゴムの置き場所をめぐって喧嘩になったことがありましたけど、あまり気真面目にすぎるとそうなりがちです。

どちらかが気にしなければそこで終わり。

それが分かるようになったので、今僕は多少は利口になったという事でしょうね。

実践できるかどうかはまた別ですが。。。










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昔のHDDを見てて見つけた画像。

須崎まつりの仮想行列ですね。

ファイルの日付は2000年1月19日となっていますが、多分これは前のハードディスクからコピーした日付。

DSCF0019
DSCF0018


同じファイルにあったフジが浜の工事写真には平成15年とあります。

となると2003年に撮影された写真ファイルが2000年作成という変な状況です。

さてはPCの時計が狂っていたんでしょうか?

DSCF0014


子供の頃遊んでいた蔵の戸。

DSCF0037


昔は、中に何があるか、興味津々でした。

見たこと無いけど。

もう今は取り壊されてるかな?

14年も前か・・・

バックトゥザ2003年!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ