むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

先日から取り掛かっているSD25のポンプが出来上がって来ましたので取付け。

sd
sd25


これが無茶苦茶つけにくい。

ガバナがギヤを乗り越えて入らないといけない上に、タイミングのZマークを合わせないといけない。

z


おまけにガスケットがずれるし切れそうだし。

試行錯誤の末、やっと取り付けられました。

後は周りを組み上げてテストして終わりです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ure


ファミマで売れ残ってて割引になってたキットカット。

一口食べて売れ残ってた理由が分かった・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

僕にも若いころには理想があって、正々堂々とか正義とかが生存より優先みたいなことを考えていたのですが、それだと妙にうまくいかない事に気づき始めました。

正義を貫いても、それほど人は喜んではくれません。

喜んでくれても一過性のものであまり意味もない。

何かあれば手の平を返すのが人間というものです。

なにかがおかしい。

そう考えて、孫子の本などを読んでみると生物の存在目的は”生存”しかないと思えるようになりました。

自然の成り立ちが生存と繁栄なんだから当たり前なんでしょうけど、アドバイザーやら哲学者やら自分の利益のために意見を言う人の情報が多すぎて目的が非常に分かりづらい。

学校でもそういうことは教えないし教えられないんだろうと思います。

誰かのためにとか社会のためにとか言えるのは、生存できて初めて考えられることでしょう?

正義とか法律というのも人間が生きていくための秩序ができてからでないと言えないことだし。

正義や法律、兵器だって、誰かの生存のために作られたと言えるんじゃないでしょうか。

秩序ある社会=生存しやすい環境ですからね。

目的が生存で、手段が正義というわけですね。

これが逆転すると、妙なことになる。

誰かが生き残るために人に押し付ける建前なんて信じちゃダメです。

そうしないと、誰かが作った正義のために死ななきゃならなくなったりしかねない。

誰かの理想に振り回されると、生きる目的がわからないなんてことにもなるんではないかな。

いや、実際なってる人も多いと思う。

生存が目的なのに生きる目的がわからないなんて、自然に反してないか?

いや、絶対おかしいですよ。

憎い敵と和解しようが姑息な手段を使おうが逃げ出そうが、臨機応変に環境に適合して生き残ることが自然界の目的なんだからそれでいいんじゃないんだろうかと思うんです。

ただ生きてるだけでも負けなきゃ勝てる。

他は全部手段でしかないんだから・・・











    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先週末に続き、フォークリフトSD25の噴射ポンプの取り外しです。

2


外す前にすべきことは、取り付けるとき困らないようにすること。

まずは、噴射タイミングの位置確認です。

1


エンジンのギヤカバーに蓋が付いていてどうやらそこから覗くらしい。

ue


シュラウドやらラジエーターファンやらホースやらベルトやらが付いていて全然見えないから、必要な分まで取り除く。

なぜかファンだけは外れないから無理して外さず、鏡で覗くことにしました。

クラッチ側の蓋を開けてクランクを回す。

クランク2回転に対して噴射ポンプは1回転なので、1回転目は印がない(ハズレ)。

2回転目では、見にくいけど合いマークが出てきました。

z


7だかZだか分からないけど、クランク側の印の間にポンプ側の印が挟まれるといい模様。

念のためもう2回転して同じ位置まで来ることを確認。

カバー側からM10のボルトを外して、ポンプを取り外そうとするが何かが引き留める。

3


良く見直すと、オイルの戻り配管を外し忘れていました。

5


ともあれ、無事に取り外し完了です。

77777


ギヤの合いマークはZみたいですね(ピンぼけで分かりにくいけど)。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今回のお客様はコマツのフォークFD25です。

ちょっと古い人気の機種。

症状は、いきなり黒煙を吐いてフルアクセル状態になったとのことです。

見てみると、確かに悶々と煙を吐く。

アクセルコントロールのバタフライ付近をいじっても変わらないので、噴射ポンプの故障と見られます。

燃料が濃いようですね。

ポンプを外してポンプ屋さんに持って行かないといけないけど、付けるときのタイミングはどこで見るのか?

fd20
ds


ラジエーター側に窓があるそうなんですけど、見えにくそうですね。

後は、来週のお楽しみです♪





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

他の仕事に押されて伸び伸びになっていた日野のプロフィアのピストン交換。

ps


組み上げ時に困ったのが、カム調整。

整備振興会のファイネスにも資料がない。

リングギヤの刻印が頼りなんだけど、このエンジンはOHVで経験がないのでイマイチ不安。

いや、OHVはカミンズのでやったことがあるけど妙に違う。

その筋の方に教えてもらってリングギヤの刻印で1か7、3か8・・・って感じで圧縮上死点を合わせてバルブクリアランスを調整するとの情報を得る。

giya


で、一周やって1周回してみると、1番はいいけど7番はガタガタになってたりする。

3番のエキゾースト側なんか、ガタがありすぎてプッシュロッドが外れた。

pos


おかしい・・・

って、しばし考えて得た結論が、1番7番って事。

1番7番ではない。

刻印に合わせて1番と7番を調整すると、どちらかが圧縮上死点でどちらかが排気上死点なので、同じように合わせるとどちらかがずれる。

なので、圧縮上死点側のみ(2本のプッシュロッドがより下がっている方)しか合わせないのが正解。

クランクは2回転で1工程だから、ぐるっと1回転回してまた刻印までくれば1番と7番の上死点は入れ替わります。

オーバーラップの関係で、同じ上死点でも圧縮と排気はプッシュロッドの上りが違う模様。

って、なんか当たり前だけど、初のOHVのV型8気筒で舞い上がってたので時間を食った。

直列6気筒とかDOHCの4気筒とかと同じ思考パターンで考えればよかったんですね。

具体的に書かれたサービスマニュアルがないと、とても不安です。

極端に資料の少ないエンジンだけど、その分単純?な作りなんでしょう(?)。

このエンジンと関わりのない方にはこの説明も分かりにくいと思いますが、自分の覚え書きとして、また僕みたいにパニクってネットを徘徊しておられる方のために残しときます。










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ネットを俳諧していて時々入れてくれとか有効にしろとかバージョンアップが出てくるフラッシュプレイヤー

sk


いつも思うんだけど、マカフィーとかクロームを一緒にインストールさせようとする。

別に、チェックを外せばいいんだけど、毎回バージョンアップのたびにこれでは天下のAdbeさんもどうかと思う。

1インストールごとにいくらか貰うんだろうか?

「便利な機能をタダで使わせるんだからそれぐらいいいだろう?な?」

って、言われそうですが、でもうざいのには変わりがないですね・・



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

突然起動しなくなるダイナブックのWindows7。

セーフモードもダメ。

修復プログラムもむなしく「原因が特定できません」となる。

と、お決まりのメッセージを見ながら詳細を見てみると、

acpi


なんて書いてある。

ACPI.sysとは何ぞや?

って、調べてみると、

「Microsoft Windows ドライバー ACPI.sys の影響で、Windows 7 がブルースクリーンになる- ThinkCentre」

ってのが引っ掛かった(東芝じゃないけど)。

回避策は、「システムを再起動して、不具合を修復します。」だって。

既知の問題だったらDVD起動できる修正プログラムでも出してくれたらいいのに。

再起動できないから困ってるんですけどねー。

VISTAからXP時代にあった便利な修復インストールが無くなりましたので、どうしようもない。

プログラムの都合とか操作性の変化からWindows10にしたくもない人たちはどうしたらいいんでしょうかね?

iOSもそうだけど、ユーザーは置き去りっていうのはどうにもやりきれません。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

タイトルで衝動買いしました。

kannryou


大手新聞・テレビが報道できない「官僚」の真実 (SB新書)

読んでみると、「まあ、そうだろうな」って感じですが、かなり庶民はマスコミに踊らされているなと考えさせられました。

新聞は読まなきゃ済むけど、テレビは寂しいからついつけてしまう。

つけてたら影響を受けるので、英語の勉強もかねてネット配信のBBCニュースかなんかに切り替えなければやばいと思った。

”ながら勉強”の習慣がついている僕にはつらいけど、テレビを消して読書に励めれば最高なんですが・・・










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近読み返しているこの本。

sonsi


今回はマーカーで線を引きながら読んでます。

孫子のルールはどんな状況でも当てはまると思うから。

で、読んでて気になったのが、時間の価値が刻々変わるって事。

どんなに努力しても、そのタイミングではムダっていうのがあります。

チャンスが逃げてしまった後に努力しても筋違いってもんですね。

そして、自分ではどうしようもない事に時間を費やすのではなく、自分でコントロールできる事に努力を集中するのが正解らしい。

「不敗の体勢を作れるかどうかは自軍の体勢いかんにかかっているが、勝機を見出せるかどうかは敵の体勢いかんにかかっている」


・・・言いえて妙ですね。

「そして、自分が有利な機会を掴まなければ、次は相手が有利になる」

もっともです。

チャンスが来るまでは、ひたすら準備して待つ。

チャンスが無いと嘆いてる暇があったら、準備して待つ。

これで、チャンスが来たら迅速に行動できます。

成功の8割は段取りで決まると思ってましたけど、これで裏付けが取れたと思います。

待っている間に段取りすればいいんですね。

今後もこれで行こうと思いました。










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ