むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

ドライブイン引地橋に初めて寄りました。

入り口であゆとあめごを焼いていたので、あめごの方を注文しました。

20190511_135229


まぶされた塩とあめごの味が絶品でした!

また行きたいです(^^♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

古いエルフのクラッチ板交換。

トラックなんで、下からアタックのみ。

とてもやりにくい。

排気ブレーキが邪魔してミッションが外れん!

焼けて固まったボルト(ほんとはナットを外したかったけどスタッドボルトが外れる)を何とか外してマフラーごと取り外し。

5


カバーと、焼けたクラッチ版を外す。

1
2
3


パイロットベアリングを外そうとしてショックを受ける。

6


ベアリングはフライホイールの向こうに入っておるんではないか??

なんでこんな作りにするのか?

疑問を抱きながらなんとか完了。

トラックのクラッチ板なんて頻繁に交換するんだから、作るときにはもうちょっと考えようよ。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日、工場のコンプレッサーが動かなくなりました。

圧力が下がっても電源が入らない。

古い機械なのでちょっと心配しながらもいろいろ考察する。

4


手動ボタンを押すとヴーヴーってモーターがうなる。

そのまま押してるとブレーカーが落ちます。

サービスの人に聞いたら、よくダメになるのがコンダクタの接点で、流れる電流が足りないとモーターがうなるとのことでした。

1
2


接点を見てみると、焼けて状態もよろしくないみたい。

新品は高いので、とりあえず中古を探して交換。

でも症状は同じ。

さてはモーターが壊れたか?

って思ったけど、よく考えたら、圧力スイッチはオンになってるのにマグネットスイッチが入らない。

交流200Vはきてるんだけどな・・

ほかに接触不良が出るとすれば・・

ここしかない!

3


圧着端子から赤と緑の配線がすっぽ抜けてました。

でもなんとなく接触して電気は流れてたんでしょうね。

配線修理したらきちんと動く。

意外な故障でした。

まぁ、この機会にメンテナンスもできて、よかったよかった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨日ダイソーに行って、

「な、なにぃ〜!!」

って聖闘士星矢状態になる。

家電小物コーナーの下側で見つけたこれ!

VRゴーグル!500円!

VR2


衝動買いしてしまいました。

VR


ダイソーすごい!

でも1回使ってみようとして目が覚めた。

自分、ゲームもしないし別にこれで映画が見たいわけでもない。

ちょうどやってきた知人にあげました。

でも自分には必要なかっただけで、ダイソーの凄さは変わらない!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

車検を通そうと陸事に行くも、フロントガラスのヒビで通らなかったNCP60のイストのガラス交換をやりました。

過去にワゴンRしかやったこと無いんで、色々調べながらの作業です。

まずは、ガラス内外の周辺を取り外してモールの取り外し。

1


モール、メチャクチャ硬いです。

2


メキメキメキ・・って力ずくで剥ぎ取る感じです。

4LJyhqj4QUGgC6dqFQrK9A


3


ワゴンRの時はケチってピアノ線だけでやったので手が痛くてたまらなかったので、今回はアマゾンで買った工具↑

かなりのスグレモノです!(Flushbay 7 PCS 車用フロントガラス 窓ガラス リムーバー 修理ツール ウインドシールドリムーバーセット 車窓ガラス除去ツールセット

4


Cリングがいつの間にか無くなっていたのを差し引いてもかなり使えます。

5
6


↑こうやって使うんだと思います(説明書なし・・だけど、安かったのでOK)

工具に線をつけてガラス下の接着剤にズドって差し込むと妙な快感を覚えます♬

ここでアマゾン様の工具の真価が発揮されます。

9


10
11
12


力を入れて一気に引っ張ると切れるので、ゆっくりスルスルギコギコやるとわりと簡単に外れてきます(軍手でピアノ線では地獄の痛さだったのに・・)。

ガラス上部では、何かが引っかかる。

7


なんか妙な押さえがありますが、カッターで隙間を作って線を通せばなんとなくクリアできました。

8


取り外し完了です。

no title


工具のおかげでかなり楽に作業させていただきました。

前に道具8割経験2割って聞いたことあるけど、それ本当だ!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

前に詰めた爪。

aUirtYRqSX-FqsL4qfgbdA


やっと再生してきました。

痛かったけど、こんなんなるんだ・・

早い全快を望む!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

パナソニックのCF-T7というノートパソコン。

ファンがブンブンうるさい。

調べてみますと、これはこのPCの持病らしい。

早速ファンを探すも、入手経路が無い

ヤフオクでやっと中古を探し当てて入手しました。

こちらを参考にさせていただいて分解(こちらも参考)。

mmntghOGSL6ZFFM4Zq2Q4g


そしたら、ピン数が違ってて、コネクタも違ってました。

P8ffvBdxQ_28rqYndVxJnQ


まぁ、困ったけど、形状一緒だし、黒と赤だけあればいいんじゃないか?

って、半田外して付け直す。

C7Ay7B-URi6oNxJo4wOcvA


取りつけようとしたら、CPUの当たるところに元のには無い銅の突起が付いてて取り付けが窮屈。

参ったけど、なんとか取り付けて組み立てたら支障なく動作しました。

修理しようにも、部品がないのは困りますね。

今回はなんとかなりましたが・・

グリスアップでも直るんかいな??

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

自分の中に毒を持て<新装版> (青春文庫)
20190209_212437


前から気になっていた岡本太郎さんの本、買いました。

そして、発見したのがこれ。

20190209_212427


「天才は抑うつと昂揚が周期的に激しく襲ってくる」

って、書いてある。

AB型のせいかと思っていたけど、どうやらそういうことらしい(?)。

そう考えると楽しいじゃないですか。

読書ってなにか発見しますね。

得しました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

古くなったプロフィアでよく起こるそうなんだけど、パワーウィンドウの集中スイッチが”ジジジジ・・”とかいって効かなくなる現象。

音がするので電気が来てるんだろうと思ってテスターを当てると、黒に白線には24Vが来ている。

でも、モーターには電気が出てこないのでスイッチが壊れたのかと思って交換すると、大空振りします。

あちこち問い合わせると、ドアのヒンジのところで線がよく切れるとのこと。

もう古いので全部やりかえるか・・

って、内張りの中から車体のグロメットまでの線を一本ずつやり変えました。

20190205_083013


線は中で黒くなってて、交換は正解・・(診断間違えで取ったスイッチ12500円?↑)

・・かと思ったけど、症状変わらず。

”ジジジ・・”って言わなくなったけどモーターは動かず。

配線間違えかと思ったけど、それも間違えてませんでした。

で、結局、パワーウィンドウの20Aヒューズから線を引いてきて、黒に白の線に繋げてみると、完動。

ドア側ではなくて、車体側の線の中が切れかけてて必要な電流が得られてなかったという事でしょう。

24V来てたら良さそうに思うんですけどね・・

しかし、間違ってスイッチを変えたのがこれで2台目。

我ながら、学んでませんな・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

大分に行って真っ先に行きたかったのがここ↓「鳴門うどん」。

20190125_144733


20190125_142621


大分にいた頃、しょっちゅう通っていました。

店舗はきれいに改装されていました。

それで、食べたかったのがこれ↓

20190125_143453


前の太麺から、ちょっと細くマイルドになってました。

デブが気になりだしたので、3玉はやめて2玉でいきました。

いつまでもいたかったのですが、そうもいかない。

20190125_142818


高知にも出店してもらえないかな・・?

激しく希望します。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ