むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

最近手に入れた大前研一さんの本。

「知の衰退」からいかに脱出するか? そうだ!僕はユニークな生き方をしよう!!

oomae


2011年の本ながら、大いに啓発されました。

”愚民政策がもたらした日本の没落”

的な感じの切り口ですが、そんな中でもやる人はやってきたと思う。

大戦前の日本人は差別意識の強い人や意地っ張りが多く、迷信に惑わされたりする反面、根性や精神論で乗り切ろうとしていた人が多かっただけに、暴走しだすと止まらないところがあったと思うのですが、現在の日本人はもっと知的になってるんだからそれを武器に戦えばいいと思う。

この本では、低IQ社会で得をしている日本政府=官僚機構が、「看板のつけ替え」「問題を知らせない」「知らないふりをしてごまかす」という手段で利得を得ている事が挙げられてますが、これは昔と変わらない。

結果、考えて行動するという習慣が奪われてしまったらしい。

「退職手当債」なんて怒る人もあまりいない(僕もこの本を読むまで存在さえ知らなかったし)。

そればかりか、所得税増税も消費税増税も、なんとなく納得して受け入れてしまう。

金持ちは、バブルの頃みたいにやると打たれるから目立たないようにしてるし、貧乏人は愚民化政策にのっかって楽しい娯楽にふける。

今のところ動かせない現実がこれでも、それを前提として理解したうえで何をすべきか。

僕らはその辺を考えないといけない。

まじめに働いて自分を追い込んで自殺に至る人が一番割を食うんだと思いますけど、そうなる前に選挙に行って一矢報いるくらいのことは考えてもいいかもしれない。

どうせ世の中は利害関係で動いているんだから、どうすれば踊らされる側から躍らせる側に行けるか考えてみるのもいい。

まあ、そういったことを考えるのにいい本だと思いました。

この方の著作をもう2、3冊読んでみたいと思います。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

「世の中で最も有害で安いサービスはうわさ話だ」

・・・と、僕は思う。

世の中には、近所の人の話から職場の人たち、国家に至るまで、この種の話があふれています。

これがサービス精神で語られる。

「大ニュース!大ニュース!」

って言われると、

「なに?なに?」

ってなる。

「あの子、〜らしいよ」

「へー・・・」

テレビのワイドショーも含めてこのパターン。

これに加えて誰かを自分の側につかせようとして語る時には、

「みんなが言ってる」

というセリフをつける。

テレビでも「増え続ける社会保障費を賄うために・・・」ってつけると、増税が必要なんだって思う。

少子高齢化で人口が減っているのに社会保障費が増え続けるとなると、高齢者がじゃかじゃか遣っているのか?

とは思わない。

ことば一言で、他のことは考えない。

だから、おせっかいな人がいて、

「あの人問題だよ」

って言われると、今まで関係ない人物の行動が、自分にも関係があるように思ってしまう。

昔、塗装の講習で大阪の先生がワイドショーを批判して、

「人のことはほっとけ!」

って言ってたけど、ほんとですね。

自分にかかる火の粉は振り払うのを厭わないとして、その他のことでは現行両面で自己完結したいものです。

その点、最盛期の田中角栄さんは立派でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

レシプロ式コンプレッサーの調子が悪く、エアが満タンになると安全弁が開いてブシューってなる。

バンザイのCTE-237Qというエンジンコンプレッサーモデルなんだけど、レギュレータの情報がない。

無題


要するに、アンロードバルブが働かず、コンプレッサーがエアを送り続けているものと思われます。

バンザイ CTE-237Q

で検索しても欲しい情報は出てこない。

いろいろ探し回って、「コンプレッサー アンロード」で検索して見つけたのがここ

https://goo.gl/bk8Pio

メーカーも違うけど、大体同じだと思われます。

元々バンザイはよその製品のを売ってるんだし。

多分中のバルブの動きが悪くなって、締まったままになってるんだと思いますが・・・

こういう情報があると心強いです。

インターネットの普及でいろんな人が簡単に情報に触れられるようになり、大半の商売は情報戦の激しさを増しています。

自分も、もっと検索技術を磨かないといけないなと思いました。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

独身の頃は大分にいて、深夜のアメリカドラマをよく見てました。

昼間はあまりテレビを見なかったので記憶があまりないけど。

そのころのCMがこういうの。





いいですね♪

懐かしいので、ローカルCMを更に探してみました。

懐かしいです。





こちらは高知のCM。

高知は地元の人が出たがる感じがします(笑)。









地方が元気だと、国が栄えるって本当だろうと思います。

今後もアクの強いやつをどんどんやってほしい(^^♪


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

「裏切り者名を受けて〜(^^♪」

デビルマンの歌を口ずさみながらふと気づいた。

ヒーローって、みんな孤独なんだ!

他から突出した存在は当然、浮く!

周囲からは理解されない。

起業家もそうみたいだし、狂人扱いされた偉人も少なくない。

で、あれば、苦悩することはヒーローの特権なのではないか?

と、いうか、そこを通らないとヒーローになれないということか・・・

なんだか励まされました。

ホリエモンも理解されてませんもんね。

彼がヒーローかどうかは分かりませんが、成功者ではあるし。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

折り返し点から組付けに進むサンバーですが、一旦外したものは元に戻すのは比較的簡単です。

samba (1)


エンドプレートとトルコンを繋ぐ3本のボルトを付ける。

クランクボルトを抑えとかなきゃいけないし、ドライブシャフトのイン側を残してるので、上からやったほうが楽ですね。

samba (4)


粛々と組付けていきます。

samba (5)


できました。

あとはタペットカバーの中はこんな感じ。

オイル交換をマメにやらないとスラッジでこうなります。

samba (2)


samba (3)


見栄え良くして完了です。

samba (6)


最近ネジが余らなくなった。

代わりに脱落してるボルトを見つけて付けたりするので最近は足りなくなりがち(笑)。

ネジが余ると入れ忘れを探して、あちこちはぐるのが大変でした。

こういう修理は身震いするほど好きです。

だって、車がきれいで元気になるから。

休日返上でもやりたいところですね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

かねてよりの念願だぅたサンバーのオイル漏れ修理が入りました。

1


この車は、タペットカバーのパッキンを何度変えても漏れます。

2


カバーが歪んで締め付け力が十分でなくなってるのかよく分かりませんが、プラグ穴に直撃です。

まぁそれは後で対処するとして、今回のメーンイベントはクランクシールのリヤ側。

エンジンとミッションの間から垂れてくるオイル漏れ修理に取り掛かる。

舌なめずりしながら作業を始めた僕の前にいきなり立ちはだかったのはドライブシャフトでした。

抜けん!

この車のドラシャが抜けにくいのは業界の常識のようですが、ネットで調べても結構みなさん外している。

タガネを差し込んで少しずつ開こうとしてもバールでぐりぐりしても抜けん・・・

以前の僕ならこのパターンでドラシャ外しに情熱を傾けるのですが、歳くってちょっと冷静になってるのでこう考える。

「今回の目的はここのシール交換じゃないから他の方法を考えよう・・」


で、ショック外してドラシャの外側(ハブ側)のナットと内側のブーツを外してCリングを外して抜き出す・・

3
4
6


これで時間がかなり短縮できました。

あとで入れにくそうだけど、無理やり抜くよりずっと楽(^^♪

何事も熱くならないことですね。

あとは、いろいろ外してジャッキをすけてミッションを下す。

end


エンドプレートとトルコンを繋ぐボルトは右のドライブシャフトの後ろの小蓋の中です。

7


あんまり意味ないけど習性でマーキング。

8


カバーを外したらオイルがダラッと垂れてくるのを記念にビデオで撮ろうとしたけどうまく撮れませんでした(泣)。



でもそこには僕の心のようにササくれたオイルシールがありました。

9


10


きれいにして、交換。

11


あとは折り返し作業です。

ミッション乗せるのがまた大変でしたが、上に台おいて、レバーブロックで釣りながら下からジャッキで微調整しながら入れたらうまくいきました。

こういう時はリフトがほしいですね・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨晩いののサニーアクシスに行きました。

寄ったのは定番のTSUTAYA。

びっくりしたのは古本コーナーが充実してたこと。

しばし目の保養をしたのち、購入したのは司馬遼太郎さんの「関ケ原」。

sekiga


一冊100円で300円。

更に(休日セール?で)20%オフでした。

デフレ万歳!

って言いたいけど、販売するほうも必死なんでしょうね。

でも読書好きには嬉しいです♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

時々妙な音がするというミラ。

確かめようと乗った時にはしないってくらいまれに音がします。

何度か試乗してやっと右の前あたりからぽこぽこ音がし始めました。

このチャンスにと、ボンネットを開けて録画しました。



前に異音でウォーターポンプを交換したらしい。

でも、この音はプーリーの錆かベルトの硬化じゃないかな?

エンジンを止めてベルトの張りを見てみるとヒビもないし、張りもいいみたいだけど、けっこう固い感じがします。

本来ならベルトを外してプーリーとかテンショナーのガタやら錆やらを見るんですが、今回も出先で即席診断だったので、とりあえずベルトを変えてみたいとの説明で終わりました。

その後何も言われないので気にならなくなったか音がしなくなったのか分かりませんが・・・

時々しか症状(特に音)が出ないっていうのは結構悩みます。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

オーバーヒートするというので見させていただきました。

空冷エンジン。

エンジンルームを見てみると・・・・

IMG_7644


こんな感じ。

フィンにかなりの泥と油が付いてます。

スチームかけたいけど、現場には無いのでパーツクリーナーとスクレイパーとマイナスドライバーでこそぎ落とす。

ボロボロと泥がはげ落ちてきます。

IMG_7647


ピカピカにしたいところですが時間もないし・・・

これでとりあえず乗ってもらうしかないか・・・

a題


整備マニュアルを見ると、機関温度(センサー付近)が150度を超えると警告ランプが点灯するらしい。

最近なりだしたとのことですので、これが原因でボーダーラインを少し超えたのであれば、ボーダーラインを少し下るかもしれません。

これでまだヒートするようなら、道具を持って出直しですね・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ