むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

三陽荘で足湯につかりました。

san (4)
san (3)
san (2)
san (1)



たまには何にも考えずにじっと湯につかるのもいいことではないかと・・・

心がささくれるとろくなことないですからね・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

走行するときに物凄い音がするというのでお客様のところに行くと、”ガガガッ”と、確かに物凄い音がしました。

ミッションかデフじゃなきゃいいな・・・

と思いながら考えていると、音の質がケースの中ではない感じがする。

こういう時は、外せるところを一個ずつ外してみるに限ります。

まずは簡単なところでは、プロペラシャフトを外してフロントデフとミッションを分離。

ガタがあったのでこれだろうな・・

とは思っていたのですが、これでした。

1


このヨークをようく見る(笑)と、もう少し角がなきゃいけないスプラインの山がとんがってます。

ガタがあるものの停止中はスプラインの滑りは分からない程度だったので確信できなかった。

荷がかかると、”ガガガッ”て、歯が飛ぶんですね。

誰かに運転してもらって見てれば簡単に分かったんでしょうけど。

原因は負荷のかかりすぎでしょうけど、プロペラシャフトを押さえているピローブロックのベアリングもガタが出てましたので、先にベアリングが摩耗してプロペラシャフトを振り、スプラインにガタが来たって感じでしょうね。

部品が高そうです(震)・・・




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ファンモーターが壊れてオーバーヒートしかけたタントを修理した後、突然点滅するEPSランプ。

EPSって電動パワステの警告灯だろうと思うけど、スキャンツールでは

無題


車速センサ異常と出ます。

こういう時はググってみるとある程度の判断はできます(・・なんて言えるほど自信はないが)。

ヒットしたのがこれ

引用してみると


EPS警告灯は、システムが正常でも点灯することがあります。
車速度1km/h以下で、かつエンジン回転速度2000min-1以上を3分継続時
車速度10km/h以上で、かつエンジン回転速度500min-1以下を3秒継続時


ファンモーター交換のためにラジエーターの水を抜いたんで組み上げ後暖気を早めるために車速0でアクセルを踏み込んだのが上記,乏催したんでしょう。

試運転で数百メートル走ったら警告ランプは消えました。

慌ててあっちこっちはぐらなくてよかったと思います。

それと、これからの整備はネット環境は必須だと痛感しました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)」の中でお勧めだったので買った定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー

無題


僕は古本で買ったんだけど、黄ばんでいてタバコ臭い。

でも2600円だった。

アマゾンとかだと3500円とかそれ以上でしか出てない。

定価が2900円だからプレミアがついてるんでしょうね。

題


内容は、荒木先生のお勧めだけあって面白い。

字が小さくて読みにくいけど。

1無題


トリュフォー氏がインタビューして、ヒッチコック氏の映画制作術を当時のエピソードを交えて聞き出していくってスタイルになってます。

最初期の「快楽の園」の撮影エピソードは面白かった(30P)。

溺れ役で連れてきた女優さんが現地でだめになり、代役で見つけた女性が太めだったので男優が重くて抱えきれない。

野次馬の笑う中、何回も撮り直してやっと撮り終えたと思ったらひとりの老婆が貝殻を拾いながら突然カメラの前を通り過ぎていったとか。

爆笑しました。

巨匠も苦労してたんだと思うと元気が出てきた。

プレミアが付くのも納得できます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

この前からブルー・スクリーンを頻発するうちのPC。

NVIDIAのドライバーをアップデートしてから怪しい。

と思って、ドライバーのバージョンを落としてみたけど、まだたまに出る。

いろいろ調べてたら電脳本舗さんのWindowsレスキューKitにこういう説明がありました。

無題


電源管理が7の頃と変わっているのか・・・

Kitでオフにしてみる。

これでしばらく様子を見てみます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

車体から変な音がするとの事で、見てみましたらプロペラシャフトを押さえてるピローブロックのベアリングがガタガタになってました。



バールでこじるとけっこうガタガタです。

ヨークもゆるゆるになってる感じでした。

これで車輪を回して走ってると思うとちょっと怖い感じがします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日行った某トイレの光景。

ti


非常に手を乾かしにくい。

スペースがなかったんでしょうね・・

そして鍵が壊れていた!

便器までの距離が長いので、”ガラッ”とやられたらもうどうしようもない。

・・・ので、けっこうスリリングな経験させていただきました。

どこのトイレかは内緒でございます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨年タイトルを見て買った本。

1

財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済 (講談社+α新書)

国の借金が多いって喧伝される理由は増税のためって書かれていますがそれは納得。

そういえばあまり言わなくなったな・・・

代わりに最近では増え続ける医療費とか言いだしたような気がするけど、それを言い過ぎたのか今度は受動喫煙の方に飛び火して嫌煙家が寄りの政策が議論され始めたり・・・

それはそうと、この本の帯にもありますけど、財務省のHPに載るという政府資産ってどうなの?

って、探してみました→ここ

本にある通り2年遅れか・・

それには何らかの意味はあると思いますが、これを見ると、前年の640.2兆円から652.7兆円に増えてる・・・

やはり日本は凄いんですね。

この本は、ちょっと気になるリーマン・ショック後の円高についても書かれていました。

端的に言うとこの時期「日本が外国に対してお金を”刷り負けた”」ので円高になったってことだそうです。

リーマンショック以降の不景気は、極端にバランスが崩れてたって事ですね。

それを正常化しようとしてきたのがアベノミクス。

そういうことで納得しました。

景気のいい話が好きな人にはお薦めです。

仕事がないのも人手不足も景気が良いも悪いも天地マリちゃんがお金を稼いでも貧困になったのも全部バランスが悪いからだったんですね・・・

「入るを促し出るを制する」

これが豊かさの基本だろうと思うのだけれど、このあたり前のことが庶民にはなかなかできないのが資本主義社会なんだって事も言えそうです。








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

やたら広告が出るので、ちょっとシストレに手を出してみました。

手数料無料でしかも簡単らしいのでアイネット証券を選ぶ。

少しずつ資金を入れてここを参考にとりあえず始めてみる。

これでほっとけばいいのか・・・

って、ほっといたら、最初は少し利益が出たみたいだけど、妙にマイナス約定が出てくる。

プラスマイナスでマイナスが多い。

お試しでやってるので資金が少ないからかな?

なんて思っているうちに、3000円、5000円と合計が減ってきて、-9000円になったところで夕方確認したら約定メールに「ロスカットのお知らせ」。

無題


こんな感じで、マイナス約定連発です(上の方はロスカット)。

最初の250円のプラスは自動で、上の320円のはループイフダンを停止して手動で約定したやつ。

殆どマイナス約定。

2週間弱で約15000円の損失。

ループイフダンの自動売買をストップしてポジションを設定したまま待とうと思ったけど、含み損を抱えるまでもなく当日中にロスカット。

自分でコントロールできない自動売買は怖い。

(同じような経験をした人がいる模様。)

ということで、ここからは撤退、残りの資金を引き出そうと思い出金手続きしました。

含み損でも置いとけばスワップ狙いで撤退しないのに、いきなりロスカットでポジションなしになれば撤退しやすいですね。

入金は即時だけど、出金が即時ではないのはどこも一緒か・・・(2営業日以降だって

アイネット証券は取り引き画面が出るまで時間がかかるのもちょっと。

サーバーが混んでるのかな?

実は僕はトラリピを前にやっていて、こちらは大儲けもしないけどスワップで少し潤った経験があります。

素人には便利な、らくトラという簡単注文方法もありますし。

自動追従しないから、設定レートを外れたら意図しない売買をしないところがいいと思いました。

トラリピを解除したらストップロスも解除されてポジションを持てる(そのまま含み損になる可能性もありますが、スワップも貯まるし、ループイフダンみたいにストップしてもマイナス決済されるよりはいいかな)。

資金が足りないと当然ロスカットはありますが・・

そういうことで(半)オートでやるなら(なんかメンテナンスが多いけど)トラリピがいいと思います・・(良くないニュースもありますけどね

・・が、賛否両論あるところをみると、相性というものがあるのではないかと思います。

絶対勝てるFXなんてありませんからね。

自分でコントロールしてるうちは、パチンコよりも勝率はいいんではないかな?

検索して調べてもアフィリエイトの関係で勝つところだけ強調したのが多いので、ネットの評判は当てにならない事も分かりました。

唯一確実な幸運というものは自分が作り出すものだ=情報は自分でやってみて手に入れる!

世の中の世知辛さを知るための15000円の授業料でしたね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

重機のハンドル操作が重くなった+作業機の動きが遅くなったとの事で修理に向かわせていただきました。

この機械は油圧でハンドル操作をするタイプなので、作業機も焦点は油圧が逃げてるかポンプ性能が落ちてるかというところで故障を想定しました。

ステアリングの油圧をコントロールしているオービットロールと作業機の油圧をコントロールしているパイロットの上流で共通のところはどこかいなって見てみると、アンローダーバルブ・・その上はポンプか・・・

22


とりあえず、これに付いているチェックバルブを外してみる。

balb


見てもわからん。

規定圧を超えると圧力調整の為にバネがペコペコなって油を出すだけのものでこれがスカスカになると油圧はたちません・・・が、これは流石に調整不可です。

ここはこれ以上調べようもないし、アッセンしか部品設定がないのでとりあえず油圧ポンプを見てみることに・・・

7


ポンプはこんな奥まったところにあるんだけど・・・

でも外して見てみる。

pomp (1)


軸シールのリップはちょっと減ってるみたいだけど、漏れはないし新品と比べてみても分からない。

pomp (2)


でも、軸シールを外した所を見ると、何やらはみ出ていました!

pomp (3)


開けてみる。

pomp (6)


pomp (5)


シールが千切れてますね。

プレートもすり減ってました。

千切れた部分が内側だったので、油が外には出ずに中に逃げて十分な油圧を送り出せなくなった模様です。

原因は、経年劣化でシールが切れて変なところに回った油圧でプレートが摩耗したとか・・?

ゴムは高温高圧にさらされているので硬化しますしね。

ともあれ原因が分かったので部品を交換して元に組んだら症状はなくなりました。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ