むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

イップ・マン 継承

観ました。

ブルース・リーの印象が強すぎて、お師匠さんのイップマンの映画か・・

というので敬遠していたんですが、アマゾンプライムで見られるようになったのでこの機会に鑑賞。

感想は、「すばらしかった!♬」

真面目で物静かな師匠が、余裕で戦うところなんかは”静と動”の対比がよく出ていて、良い!

若きブルース・リーがちょろちょろ出てくるところも面白い。

陰りのある奥さんもきれいだし、嬉しい作品に出会えたと思いました。

お薦めです。

ところで中学生の頃、ブルース・リーが本当に強いのかってことで友達と言い合いになりました。

そしたら友達が、

「俺がお前の腕を殴るけど、それに耐えられたら認めてやる」

って言い出して、

「よーっし」

って受けて立った。

バキャって殴られて、痩せ我慢したら

「そこまで信じてるなら認めてやろう」

だって。

今考えると、別に僕がヤツのパンチを耐えたからってブルース・リーの強さには何の影響もないんですが・・

なんであんなことやったんだろう?

って思いますが、若い頃ってそういうことにこだわるんですよね。

しかもその当時にはブルース・リーはすでに死んでるし・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

僕が40になった頃、ふと思ったのが、

「人生を半分消費してしまった!」

ということでした。

あと40年で終わり!?

ええ~!!

ということで、残りの時間を最大限に使うにはどうすればよいか?

考えた回答が、早起きです。

夜遅く起きていてもダラダラして効率が悪い。

であれば、早起きだ!

成功者は朝が早いらしいというのも本で読んだので、そういうことにした。

一日3時間早く起きて、本を読んだり調べ物をしたり、時には仕事をしたらかなりオトクなのでは?

3✕365=1095時間ももらえる!

これを40年間続ければ、43800時間だ!

実に1825日も活動寿命が伸びる!

これはものすごい発見でした。

そういうわけで、9時寝で3時起きが日課となってます。

慣れれば日中眠くもなくなった。

夜8時になれば眠くなりますが。

人生変えたいなら早起きすべし!

お薦めです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日免許証の更新に行きました。

優良者講習ではありましたが、待たされる時間がちょっと長いのが気になる。

そのうちAIで本人確認できる自動発券みたいなシステムに変わるだろうなと思いながら、もらったテキストを眺める。

じこ


なんと、いろいろワースト1位なんて言われる高知の事故発生状況が四国で最低。

死者も負傷者も愛媛の半分以下!

全国の事故発生件数だって27036件減って-5.4%です。

これは、警察関係者の方の努力はもとよりですが、少子高齢化の影響とか衝突軽減ブレーキなど、環境もいい方向に向かっているのではないか?

それと、増税の影響で車を持たない人が増えたとか。

まあ、いろいろあるんでしょうけど、いい傾向であることにはかわりはないのではないか?

でも、そこは誰も言わない。

「なんと、事故数、死亡者数が今年も減りましたー♬」

とか、NHKでもやってほしい。

警視庁の偉い人とかが出てきて、

「うん、みなさんのご協力もさることながら、これは私どもの努力の賜物でもあると思うのですよ」

とか、胸を張ってコメントして欲しい。

大抵は、

「全国的に事故数は減っていますが、依然として重大事故は発生しており・・」

なんて、いつも何かに憂慮していなければ安心できない感じ。

やはり、いいニュースはニュースにはならないんでしょうね。

「違反金で予算立ててますんで、これは困ったことなんですね・・」

なんて事はないですよね。

さすがに。

ともあれ、痛ましい事故が減っているということはいいことだと思います。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日、車検に入れていただいたお車を取りに行くと、なぜか走らない。

ミッションが重いな・・

なんて感じながらも車載車に積み込み、お預かりしました。

で、降ろすときに思ったのが、ブレーキ効きっぱじゃないのか?

ってこと。

フロントあげて、車輪を回そうとしても重い。

おかしいなぁ・・

って、ブレーキばらしてみるか・・

で、フルードタンクを開けると、妙にねばい。

上からフルードを吸おうとしても、なんか吸わない。

吸引ホースでも詰まったか?

ってホースを取り出すと、フルードが糸を引いてる!

こんな現象は初めて見ました。

慌ててお客さんに報告すると、

「なんか、減ってたからそのへんにあったオイルを入れた」

とのこと(あとで分かったのが、チェンソーのオイルらしい・・)。

化学変化を起こしたんでしょうね。

粘いからキャリパーピストンが戻らず、ブレーキ効きっぱになったと判明。

キャリパーシールもブヨブヨになってました。

ブレーキマスターシールとリヤカップも交換。

キャリパーピストンが錆びてたのもそのせいかは知らんけどこれも交換。

執拗にブレーキフルードを追加しながら全輪エア抜きと洗浄をする。

ホースも変えたいけど、そこまではしませんでした。

今回の車検はけっこう費用がかかるんじゃないかな?

まぁ、ブレーキが効かないんじゃなくて、効きっぱだからまだ良かったです。

ブレーキフルードが減ったら必ず指定のオイルを入れましょうという教訓ですね。

タンクの映像を取り忘れたましたのでこれしかありませんが・・↓

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

オイル交換をしようとジャッキアップしたら、見たくないものが見える。

OmrnW4pX92IB


20181129_160825


ブーツが破けちゅう!

このままでは車検は通らないし、放置しとくとグリス切れでガリガリ言い出すし。

来週修理しよう・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

auのQuaTab02というタブレットPCですが、これが、液晶だけという入手経路がない。

いや、まったくないというわけでもないけど、アリエクスプレスで5000円(47-55ドル)ほど→ここです

ヤフオクではジャンクが送料込みで5000円くらいで手に入る。

同じくらいか・・

急がないお客さんの依頼であれば新品でしょうけど、貼り付けてあるバッテリーを剥がして付け替えるのも面倒だし自分のだったら接着剤でいいやって思って探したら、アマゾンにガラス用接着剤がありました。



タッチパネルにも使えるのかわかりませんが。

早速作業してみました。

1 (1)


なんだかいい感じですね。

1 (2)


これで、硬化した後膨らんだ部分をスクレイパーの刃でそぎ落とせばいいのではないかと思います。

固まるのが楽しみ♪

固まった後、スクレイパーの刃で画面を平滑にすると・・

OI-RZlMvPRDdu2_En285VgIypwUTsjDT9vZVcYLTH2ApX92IB


「おー!」

かなり目立たなくなりました。

うまくヒビの間に接着剤が入ったみたいです♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日ブレーキが効かないというので外してみたら物凄いことに!

breki (2)


ピストン〜パッドがガッツリくっついてます。

ここまでくるとリペアは厳しいです。

ガスガス叩いてボコボコ外す。

breki (1)


構造は単純なんですが・・

結構な作業になりました。

でも楽しかったです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

古い車になると、ゴム製品がどうもダメになります。

エンジン周りのホースなんかは変質して硬いプラスチックみたい。

2
1


カッチカチやぞ

って感じですが割れてると、またいろいろと問題がある。

こうなると、ホース類は全交換したくなりますね・・


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近セブンイレブンのブラックサンダーアイスにハマっているのですが、もう一つハマっているのがこれ。

kochi (1)


本当はもう一つのチーズインスナックほうが好きだけど、今日は気分でエビの方を買いました。

後ろを見てびっくりなのが、

kochi (2)


製造元が高知市春野町の菊屋株式会社さま。

高知でしか買えないとかいうことはあるんだろうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

一休さん」で印象に残ってる場面ですが、泳げない一休さんが川にハマって死にそうになったとき、とっさに流れに逆らっちゃいけないんだって考えて、暴れずに上むいて浮かんでたら助かったって話が有りました。

これは僕が泳げなかったから覚えてたんですが、最近孫子の兵法を読んでて突然思い出して思いました。

「同じじゃん!」

って。

敗因は自分の中にある。

逆に、勝因は自分の外にあるので時期が来るまでじっと待つ。

待ってる間に時期が来たら迅速に行動する。

それまでの間は、コツコツ準備してればいい。

流れに逆らって勝とうなんて無理です。

泳げないものが川の流れに逆らってどうこうしようなんて無理です。

同じく、人を変えようなんて不可能です。

制御できるのは自分の感情だけ。

手の内にあるものしか活用できないのなら、それを使ってできることをやればいい。

勝機も来てないのにそれを求めるなんて無い物ねだりは不安を呼び起こすだけで、焦って持ってるものまで投げ出すことになりかねない。

失ったお金を取り戻そうとして、より多くを賭けてしまう博打を打つ事になります。


檻に入った獲物を獲らえるのにライオンはどうするか。

吠えついて、脅かして、びっくりして怯えた獲物が自分で飛び出してくるように仕向ける。

出てきたところを美味しくいただくわけですね。


周りに挑発的で、自分を不安にならせたり怒らせようとしている誰かがいたら、それは感情を乱させて何かを得ようとしているか大事な何かを失わせようとしているということです。

逆上してそれに応じたら、「はい、ありがとー」って大事なものを取られてしまう。

マスコミもこれと変わらないやり方をしています。

しつこく挑発して、それに応じたらスクープいただきです。

そういうわけで、感情を制御して準備して待つ。

そういう意味で、一番の敵は自分の感情なんですね。

これがコントロールできた人を悟りを開いた人って言うんでしょうね。

いや、身に染みて。

自分が悪くなくても謝る。

正誤は重要じゃない。

プライドも、善悪も超越して、ただ淡々と今やるべきことをこなす。

打てども響かず吠えてもひるまず、時期が来るまでは、柳に風で逆らわずに生きていければそれはもう素晴らしい人生が待ち受けているでしょうね。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ