昨日整備に取り掛かったマツダのスクラム。

ジャッキアップして右のフロントタイヤを回してみると、なんか擦ってる。

ホイールを外して、ブレーキを開けて見てると、キャリパーの動きがおかしい。

「ははあ、これはキャリパーが出っ放しだな・・・」

って、よく見てみると、普通固着しないピンのところが固着していました。

20


↑ 普通ここはスコスコ動くところなんですけど・・・

仮に動きがしぶくなっても強く動かせばすぐに動き出すのが普通なんですが。

左側は軽く動くし。

このたびは、CRCを吹いても叩いてもどうしても動きません。

外して万力で挟んでガンガンやっても数ミリしか出てこない。

41


困って以前いた大分の工場の師匠に聞いても、

「そんなの見たことない。CRCふいたら取れるじゃろ?」

というご返事。

どうやら超例外現象に遭遇した模様。

師匠の指導でCRCに漬けて一晩おき、今日再度挑戦する予定です。

これで取れなければチェーンブロックで引っ張り外すつもりです。

ピンとダストブーツは注文済みなんで最悪ピンが傷んでも大丈夫だし。

その他の部品が壊れると予算的に困るな。

古い車だから中古パーツもあるかどうかわからんけど、やってみるしかないし・・・

レアケースに遭遇できたのはラッキーと考えて、挑戦してみます。