変なプライドが自分を不幸に導くことが。

しばしば見てきた光景ですが、悪い意味でプライドが高いと知ったかぶりをするので、恥ずかしい思いをしたり嘘から嘘をつかなければならなくなります。

仕事に対するプライドがあると、妥協しないので心と体はしんどいけど、いい仕事ができたりする。

どちらもプライドだけど、対象が違うと結果も違う。

逆にプライドがないと、じぶんを見失ったり人に利用されたり、仕事もいい加減になるのでこれもまた難しい。

そこそこええ加減にできればいいんだけど、それも難しいのが人間でしょう。

一つ言えるのは、プライドを持つには根拠が要るということ。

勉強も努力もしなけりゃプライド持ってても張り子の虎で終わります。

そういうわけで、スキルアップを兼ねて資格取得に励もうと思ったここ数年。

今年も一年、右に左に振れ続けてきましたが、念願の検査員資格も取ったし結果オーライということで、いい一年だったと思います。

来年は、畑は違うけど電気工事士でも狙ってみようかな・・・