板金塗装をやるときに使うスタッド溶接機で、スライディングハンマーを使うと鉄板がちぎれる。

これがすごく嫌で、前の会社で使っていたハンディープーラーが欲しくなったけど、価格的に自腹ではムリ。

仕方ないので自分で作ることに・・・

直接スタッド溶接して引っ張るのは難しいので、スタッドでワッシャを溶接してからそれを引くようにしました。

できたのがこれ↓。

naba (1)
naba (2)
naba (3)


急いで作ったせいでもあるけど、歪んどる。

軽量化のため、ボルトを利用して作ったので、熱が伝わりやすく溶接時、熱で微妙に斜めに歪むんですね。

熟練者はその辺も計算してやるんだろうけど、ボクの溶接技術は大したことないのでこんなもんか・・・

要は、使えればよし。

ということで、可動部は動くし、ハンドル部分にホースでも被せればいいかってことで色を塗れば完成です。

手ごろな板金塗装が入ったらテストしてみます。

楽しみ〜(^^♪

でもそのうちちゃんとしたのを買いたい・・・