今はもうどうでもいいけど、バレンタインデーなんて罪な習慣をだれが作り出したのか。

もてない(いや、シャイな)思春期には酷な習慣ですよ。

もらえることを密かに期待した男子は、机の中とか下駄箱の中のスペースをさりげなく開けておく。

周りの誰にも気づかれないように机に手を入れて折に触れ探してみる。

夕方になってなんもなくて心がボキッと折れる。

靴箱見て自分の上履きにだけ画鋲が入れてあったりしたらそらもう大変です(笑)。

仮に貰えても、好きでもない女子からだったりしたらお互い気の毒じゃないですか。

そういうのもあって、義理チョコ連発してカムフラージュしながら本命狙いってのが今の当たり前なのかな?

イベントとしては、ドキドキ感が半端ないからいいんですけどね。

中年になって振り返るとそんな出来事なんて、長い人生の中で”どうでもいいこと”のひとつでしかないんですが、そのときはもう必死なんですわ。

いや、いい思い出か・・・