はりまや橋のところからとでん西武跡のパチンコ屋さんを撮った写真が出てきました。

seibu


百貨店からパチンコへと人々の関心が移ったのがよくわかる。

時代を感じますね。

子供のころ、須崎からばあちゃんに連れられて高知市に出てくる。

そして、とでんの屋上のゲームコーナーで遊ぶってのが定番の楽しみだった。

大人になってからも帰省した折には行ってましたけど。

たしか、ペットショップを通って行くのではなかったかな。

あの古びた一角が何とも言えず懐かしいです。

あのころは、とでん西武は永遠に無くならないって漠然と思ってましたからねー。

写真撮っとけば良かったなー。