半月前ぐらいのもらったミカン。

無題


めっさ固くなっている。

食べられるのか?

と思いながら、硬化した皮をむく。

力余って指が中身にグサッと食い込んで、身は無茶苦茶に。

でも、食べるとかなり甘い。

意外でした。

人間もこうなのかな?

年を取ると頑固になるけど、中身は円熟。

味も出ていて素晴らしいことに。

考えてみると、年を重ねるだけ経験も知識も蓄えてるわけで、それは大変な財産だと思うんですね。

世のため人のために使えばですけど。

日本が安定しているのは、お年寄りを大事にするところからかもしれませんね。