気を遣っているうちは親しくはないんだけど、それが無くなると諍いが起きる。

親しき仲にも礼儀ありである。

しかし一線を越えることで、得られるものもある。

サイコパスは別であるが、誰かを怒鳴りつけて悪かったと思えば、あとは優しくなれたりする。

一度感情をさらけ出せば、相手の手の内も分かる。

今度怒られたら、相手に貸しを与えたと思えばいいと思う。

感情的になったら負けるというイチロー先生の教えは本当で、これは孫子の兵法にも通じるんではないかと思う。

負けそうになぅたら引く。

感情的になりそうだったら引く。

同じことである。

相手がヘクるまで、時期が来るまで待つ。

その間に次の準備をしておく。

負けないことが勝つこと。

相手に怒鳴らせとけばこっちには理があるのですから、喧嘩になったらさっさと引くことですね。

危害が加えられそうになったら逃げるしかありませんが。