機械を長持ちさせるのに、最近いい話を聞きました。

どこかの会社の機械のオペーレーターで、社長が来ても上司が来ても誰にもペースを乱されないおんちゃんがいたそうで、その時点での仕事は遅いが最終的な進みは早かったという事でした。

その方が機械の持ちもいいらしい。

バーっと動かして止めるというのを繰り返すと摩耗が進むのでしょうね。

ガンガンやってると社長の覚えもめでたいんでしょうけど、自分も機械もすり減ります。

最終的におんちゃんが昇進したかは分かりませんが、分かる人には分かるんですよね。

どっちがいいかは本人の選ぶことでしょうけどね。

負けなければ勝てるという、孫子の兵法を思い出しましたわ♫