横でごちゃごちゃ話し続けられると気が立ってくる。

毎日それが続くと、自分というものがわからなってくる。

そんな折に中村天風氏の書籍を読みました。



まだ触りだけど、理解したのが悩みとか怒りだとか妬みだとかが生じて煩悶するのは、理屈っぽくなるからではないか?

つまりは情報過多で、脳がパニックになっている。

脳も心もそんなに高尚にはできていない。

多分、この世界の成り立ちもそんなには複雑ではない。

それを

「〜だからこうだとか、こうしたからこうなんだ」

なんて、ああだこうだと理由を探すから心が疲れてくる。

結果、暴走して爆発する。

ただ、あるがままを受け入れていけば、悩みも無くなるのに。

それを、横から絶えず刺激してくる質問魔と理屈屋さんを撃退し無視するのが自分の幸福の第一歩であることに気づきました。

これが自分を守るために第一にやるべきことであると思うのです。