むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

2016年08月

20万キロ走ったスバルプレオのオルタネーターなんですけど、カーボン粉がこんなに溜まっていました。

↓真ん中の緑のとこ。

bava[


拡大図

saava[


充電に不具合はなかったんですけど、念のためブラシだけでも交換しときましょうか・・・

って、外したらこれ。

本当はベアリングも交換したかったんですけど、ガタも無いし、予算も切れたしで、ブラシのみの交換でイケー!ってなりました。


それにしても、このRV1のプレオって、ファンベルトもオルタネーターも外しにくい。

オルタの上にはパワステポンプ。

bava (1)


更にブレーキマスターが控えています。

どっちを外すか・・・

って考えて、外れそうにないパワステポンプはあきらめて、ブレーキマスターを外しました。

bava (2)


更にオルタを出そうとすると、パワステポンプのセンサーがぶつかる。

センサーを外すのに工具が入らないので、ポンプを少しずらす。

無題


センサーを外すと、当然パワステフルードがぴゃーって出てきます。

一瞬外してオルタを取り出しセンサーを付ける。

これをやると、どうしてもオルタネーターとエアコンのコンプレッサーはブレーキ液とパワステフルードをかぶることになります。

取り付けは逆の要領だけど、被った油をきれいに洗い落として乾かしてからエンジン始動・・・

因みによく油を落として乾かさないと、ベルトが滑って煙と音で物凄いことになります・・・

(実はそれでベルトが飛んだ)

ブレーキラインを外したので、各輪ごとにエア抜き作業も入ります。

ちょこっとブラシを変えるなんて甘い考え持たなきゃよかったです・・・

プレオの整備にあたる皆さんは、オルタ交換のたびにこんなことやっとるのか・・・?


苦労したけど、スキルが上がって、お得な経験でした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

タペットカバーからオイル漏れしてたんで、はぐってみた。

こんな状態(ウエスで拭いた後です)↓

jj


定期的にオイル交換しないとこうなります。

ごそごそこすってみたけど、取れませんね・・・

ばらしてオーバーホールでもしないと納得いかなくなるので、少し掃除して閉める。

オイルをけちるかエンジンをけちるか、どちらが得か・・・

快適に長く乗るためには、やはりオイルをまめに変えたほうがいいですね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

エアコンが冷えないというスバルのサンバー。

エアコンのガスは入っているし、下から水滴も出ています。

でもすぐコンプレッサーが切れます。

吹き出し口に手を当てると、ちょっと涼しい。

が、吹き出し口から出る風が少ない!

空気の流入箇所からフィルターのつまりを見てみる。

・・・と、フィルターの付いていないタイプです。

そうすると、

こりゃ、あれですな。

エバポレーターの目詰まり。

と想定して、ガスを回収し開けてみました。

53


11


まぁ、こんなかんじ。

ワンちゃんの毛と埃で、めが塞がっとる!

きれいに掃除して真空引きして規定量のガスを入れると、よく冷えるようになりました。

しかし、なんですぐコンプレッサーのスイッチが切れてたんでしょう?

エバポレーターで放熱できないから圧力スイッチが働いてたんでしょうか?

コンデンサーも車の前ではなくて座席の下くらいにあるので、冷えにくいんでしょうね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近エンジンのかかりが悪いというアルト。

見てみると、確かに初爆は入りにくいです。

燃料の行き過ぎかな?

って考えるけど、かかってしまえばそうでもない。

かけるときにアクセル踏まなきゃかかる。

でもそのあと、どうもアイドルアップしてないような感じがします。

水温が上がるまで少しエンジンの回転数が上がらなきゃいけないんだけどな・・・・

と、いうわけで、スロットルボディにくっついているISCV(アイドルスピードコントロールバルブ)を疑いました。

なんせ、20万キロ走ってるから、かなりススが溜まってるだろう。

Honeyview_pfo (2)


・・・と、外してみたら案の定。

1


スロットルボディからISCVを外して掃除したかったけど、五角の星形ビットで止めてたのでパス。

パーツクリーナーをウェスに染み込ませて、穴から突っ込んでふき取ります。

2


まぁ、きれいになりました。

ファーストアイドルも正常になりました。

本当はISCVも新品に変えたいけど3万くらいするらしいのでパス。

結果オ−ライです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近アルトが走らないなーって思っていたら、時々エンジンがかかりにくくなりました。

エンジン乗せ換えて7万キロ。

オイルは定期的に交換してるんだけどな・・・

と思い、プラグを外すと、コイル(正確にはコイルとプラグの絶縁ケース?)にクラックが入っていました。

無題


ここからリークして爆発しにくくなってたんでしょうね。

プラグの側面も焼けてますわ。

なんか、オイル滲みも少しありそうだけど・・・?

今回はそこはスルー。

コイルとプラグを交換したらパワーが戻りました。

しかしコイルが一個8500円。

3つで25500円。

今月は出費がかさみました・・・



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ