むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

2017年11月

知らなかったけど、電子方式でない石油ストーブの点火ヒーターって、ほとんどのメーカーが共通部品らしい(こちらでの説明)。

知らなかった。

純正と汎用品、どちらを選べばいいのか分からないけど、中身は同じなんじゃ・・?


純正部品745円(コロナ部品:点火ヒーター/1086020石油ストーブSX-2100X用)↑


汎用品498円(汎用型石油ストーブ用 点火ヒーター※スパーク点火方式採用機種を除く全機種に適合電子方式には対応しておりませんメール便ご指定のお客様【送料無料】)↓


いや、ちょっと形が違うか?

いや、同じ?

コイルに通電するだけで火をつけるわけだから、刺されば使えるはずだが・・。

アマゾンのポイントが貯まってるので、今回はコロナの純正部品を使ってみようかと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

僕は学生時代に大分の鶴崎に住んでました。

アパートは山川荘といった。

当時でも古い木造アパートで、4畳半2部屋をつなげて9畳部屋になってました(一部屋にバイク突っ込んでばらしたり組んだりして遊んでたので、部屋がガソリン臭かった・・・)。

2階建てが2棟あってお風呂とトイレで繋がったコの字型で駐車場を抱くかんじで建ってました。

失敗したのが、学校までの距離。

橋を一つ越えると卒業が一年延びるといわれていたのに、学校までは大野川を越える橋が一つあった。

だから当時自転車で通ってたけど通学が大変。

帰りに友達のところに寄ると、ついトランプに興じて帰宅が夜1時とか。

山川荘は学生ばかりだったんだけど、おばあちゃんが一人住んでて、10時以降はお風呂のボイラーを炊かないでくれなんて決まりがありました。

ので、残り湯でしか風呂に入れない。

夜中に帰ると、湯船は真っ白です。

最後に入ったヤツ、勇気あるなぁ・・

なんて考えながらもっと勇気を出して一度それで体を洗ってみたけど吐きそうだった。

ボイラーが炊けないのでシャワーで水浴び。

冬には耐えられないので風呂に入らなかったら友達から臭いといわれたので、仕方なしにまた夜中に水浴び。

今考えれば、友達の所でグズグズ遊ぶのをやめて早く帰ればよかったんですが、当時の優先順位はそれが最優先なんだから仕方がない。

夜中にパトカーに止められて職務質問されたり、ボタンのないシャツ着てたり、ペタルが片側取れてても修理せずに自転車に乗ったりと、今考えればとんでもない生活してました。

何でもっと勉強しなかったんでしょうね。

なんとか留年せずに卒業はできましたが・・

あれが若気の至りというやつですか・・

僕が言うのもなんですが、今の若者にはああいう生活はしてほしくないですね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

車の制御に本格的にコンピューターが入ってきた頃、

「これは町工場じゃ手に負えないぞ」

ってビビった修理屋さんも多いと思います。

事実、現象を解決するのに、車のコンピュータにアクセスするスキャンツールは欠かせなくなってる。

・・・が、全部そうなのかというとそうでもない。

ECU(エンジンコントロールユニット)は、各センサーの値を見てて、それが規定値から外れてたら補正したり警告ランプを点けたりしてるだけです。

警告ランプが点いたからといって、どこを交換だとかいう事は教える事はない。

ECUの警告で、どの辺がおかしいって事は分かるので、そこから先を絞り込んでいくのが人間の仕事。

将来AIが車を制御しだせばこれ変えろとかここ掃除しろとか言い出すんでしょうけど、それでも交換は人間がしないといけないんじゃないかな?

そういうわけで、修理屋さんの経験と知恵はまだまだ必要だと思う。



警告や不具合が起きたときにまず考えるのが、各部品が何をしているのか分けること。

例えば、オイルポンプはオイルを吐出しているだけ、センサーは電気で温度や圧力をMCUに知らせているだけ、MCUは受け取った電圧や電流を元にアクチュエーターに制御信号を出しているだけ。

こう考えると、MCUが検知した異常っていうのは本当に温度や圧力が異常なのか?センサーがボケてるだけじゃないのか?配線の切れでも考えられるし・・・って、すみ分けしていけます。

そうすると、どこを調べて改善していけばいいかがわかってくる。

こういう問題を小分けする考え方はほかの事にも転用できて、例えば、なぜ費用が足りないのかという所から、入るお金と出るお金、入るタイミングと出るタイミングからロスや浪費の原因まで突き止めていけると何をすればいいかがわかる。

プライドが邪魔して言い出せないとか、見栄を張って無益に高額なものを買ってたなんて時にはプライドを捨てない限り改善できない事も見えてくる。

大きな壁は小さく小分けにして調べていけば思わぬ穴が開いてたり・・・

一番怖いのは、ビビってしまってどうしていいか分からなくなる事ですね。

車の話に戻るけど、電気自動車が普及するとエンジンみたいな複雑なものがなくなりかなり単純化されると思うので、修理屋は楽になるんじゃないかな?

簡単になると、却って仕事が減るのか・・?









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ゴルゴ13の名言

「……10%の才能と20%の努力……そして、30%の臆病さ……残る40%は……“運”だろう……な……」

この前の選挙結果をみてて突然この言葉を思い出しました。

安倍総理は相手が勝手にこける強運をもっておられると。

岸信介氏の強運は有名なところですが、強運の家系なんでしょうか?

どんだけ評判が悪くとも落ちないで日本を引っ張っていけるのは、やはり運なんでしょうね。

あらためて、ゴルゴの

「……10%の才能と20%の努力……そして、30%の臆病さ……残る40%は……“運”だろう……な……」

という言葉を噛みしめたい。

努力と才能と臆病(慎重)、それに運が重ならないと、一流のプロフェッショナルにはなれないのか・・

運があっても努力をしなけりゃただの人だろうけど。

それはともかく、僕も何度か危ない目には遭ってきました。

子供のころカナズチだった僕は、新庄川で浮き輪で浮かんでました。

親戚の子が浮き輪を貸してって言ってきたので、何気なくいいよって貸したら足が届かない。

借りた子はそのままありがとーって翻って向こう向いたので、パニクッてあっぷあっぷしている僕に気が付かない。

まだ深くなり始めのところだから、ずぼっと沈んで底に足がついて飛び上がってを繰り返しているうちに石を蹴って足の届くところに着地できたので助かった。

ほんと、あれはやばかった。

今でも冷や汗が出ます。

子供でも立ち泳ぎくらいはできるようになっとくべきですね。

もうひとつ、20代のころに大分市から佐伯市に向かうときに10号線でトイレ休憩か何かで前を走るバスが右に入った。

でも、前に車両がいたのか、途中で停車。

対向車線を走ってきた乗用車がよけ切れずに衝突。

斜めになったバスをスライドして僕の軽自動車めがけてそのまま走ってきました。

この間、一瞬で、何が起きたかわからずにブレーキも掛けられなかった。

このときも減速しなかったお陰で、間一髪ですり抜けましたが、あれもやばかった。

安倍さんほどの運はないにしても、僕にも運が味方してくれて今まで生きてこられたんだと思います。

強力な守護霊様がいるのかな?

まぁ、それは分かりませんけど、どんなに成功しても早世してしまってはどうにもやり切れません。

完全に負けなければ勝つチャンスはあるって孫子にもあることだし。

世の中、自分の力では及ばないことばかりなんですから、生きていられるだけで強運なんだと思います。

ありがたいですね。


















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

僕は情報が成否の大半を占めると思うのですが、これを収集するのが結構大変です。

修理であれば、現象から考えてどこが故障していてどこを修理すれば不具合がなくなるのか?

これを知るためにどういう状況で現象が再現するのかやってみる。

次に、条件を変えたら同じ現象が出るのか止むのか。

条件を変えたら現象が止むのであれば、変えた物が現象に関わっているのではないかと考える。

変わらなければ、別の何かの条件を変えて、またやってみる。

どうしてもわからなければ、もっと酷い現象が出るまで様子を見るとか、中古や安い部品であれば交換してみて様子を見るとか。

もうどうしようもなければアッセン交換ですけどね。

時間がなくて費用に余裕があればそれもOKでしょうけど、やはり原因は追及したい。

自分が納得しなければ次に進みたくないのも人情でしょうけど。

めでたく原因がわかったら、次に部品をなるべく早くて安く仕入れられる方法を模索します。

今はインターネットがあるけど、従来のやり方で業者にもあたってもらう。

この辺も、より多くの情報を得た方が勝ちだと思ってるので必死で探す。

更に、それを交換するのにどういった工具を使ってどういった方法でやれば効率がいいかも考えます。

ばらし方ひとつで間違えば、大幅に時間が取られたり別の何かを壊してしまうかもしれないからですね。

図面を見ながら頭の中で色々なパターンをシュミレーションしてこれといった方法を探す。

工具や冶具が必要なら、それも準備する。

実際の修理にかかるのは、部品と工具と情報が揃ってからです。

そうでないと、現場で立ち往生しかねません。

段取りが8割を占めると言ってもいいんじゃないかな?

他の事にも当てはまると思います。

多くの情報を持った人が、あの手この手で手段を変えて挑戦し続ける。

そうすると最後には成功を掴むのは当たり前だと思います。

成功して当たり前位のところまで努力しないと確実に成功はできない。

走りながら考えるっていうのは、経験してみるって意味ではいいことかもしれませんけど、成功率は低いと思うんですよね。

という事で、とりあえず測ってみたアキュムレーターの圧力。

無題


3Mpa位が目安ですけど、2.2Mpaしかありませんね。

これぐらいでは大した不具合もないと思いますが、少し抜けてるんでしょうね。

シールが劣化してるんだと思います。











    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ふと出産って母子ともに命がけのものなのに、何百年もの間クリアして命が自分まで続いてきたんだという事に気づきました。

すべて成功しなければ自分には至らない。

ご先祖の誰かが失敗していたら自分はここにはいない。

恐ろしい確率で自分が存在している。

戦争や事故、健康状態などで、生まれても子孫を残す前に亡くなる人もいるわけだし、それもクリアしたご先祖がいて自分が存在している。

昔の人が家を大事にしていた意味がよくわかります。

幸運が代々続いてなきゃここには至らない。

そう考えると、一日一日、もっと大切に生きなきゃいけないなと思いました。

そういうわけで、早く温泉に行きたいです。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

10Tダンプとなると、ブレーキのO/Hも体力勝負になります

ponchi


タイヤ+ドラムでかなり重い。

タイヤドーリーが無いところでは鉄板に油を塗ってズルズルと引き出すらしい。

うちらはパレットジャッキで引き出します(それでも横方向に動かないから苦労する)。

10


後ろ10ミリに対し、前7ミリ。

フロント側のライニングが減るんですね。

bane


このスプリングは外すときはライニングの下のピンを抜けばライニングと一緒に外れますが、付けるときには苦労します。

マイナスでピンとスプリングにひっかけてテコの原理でビヨンと入れます。

5


ピストンシールを交換したのはいいけど、ピストンを入れるのがまた一苦労。

抜くときは緩いけど、新品のシールは張りがいいので入れにくい。

nia


石か何かをぶつけたのか、ブリーザーがひん曲がっていましたので交換。

エア抜きして完成。

エアブレーキなんで踏みごたえがイマイチ分かりにくいけど須崎まで試運転してみて異常も感じられないので完了としました。

構造的には簡単なんですけど、大きいからこの手の修理は結構体力使いますね。

へとへとです・・・
















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日から取り掛かっているSD25のポンプが出来上がって来ましたので取付け。

sd
sd25


これが無茶苦茶つけにくい。

ガバナがギヤを乗り越えて入らないといけない上に、タイミングのZマークを合わせないといけない。

z


おまけにガスケットがずれるし切れそうだし。

試行錯誤の末、やっと取り付けられました。

後は周りを組み上げてテストして終わりです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ure


ファミマで売れ残ってて割引になってたキットカット。

一口食べて売れ残ってた理由が分かった・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

僕にも若いころには理想があって、正々堂々とか正義とかが生存より優先みたいなことを考えていたのですが、それだと妙にうまくいかない事に気づき始めました。

正義を貫いても、それほど人は喜んではくれません。

喜んでくれても一過性のものであまり意味もない。

何かあれば手の平を返すのが人間というものです。

なにかがおかしい。

そう考えて、孫子の本などを読んでみると生物の存在目的は”生存”しかないと思えるようになりました。

自然の成り立ちが生存と繁栄なんだから当たり前なんでしょうけど、アドバイザーやら哲学者やら自分の利益のために意見を言う人の情報が多すぎて目的が非常に分かりづらい。

学校でもそういうことは教えないし教えられないんだろうと思います。

誰かのためにとか社会のためにとか言えるのは、生存できて初めて考えられることでしょう?

正義とか法律というのも人間が生きていくための秩序ができてからでないと言えないことだし。

正義や法律、兵器だって、誰かの生存のために作られたと言えるんじゃないでしょうか。

秩序ある社会=生存しやすい環境ですからね。

目的が生存で、手段が正義というわけですね。

これが逆転すると、妙なことになる。

誰かが生き残るために人に押し付ける建前なんて信じちゃダメです。

そうしないと、誰かが作った正義のために死ななきゃならなくなったりしかねない。

誰かの理想に振り回されると、生きる目的がわからないなんてことにもなるんではないかな。

いや、実際なってる人も多いと思う。

生存が目的なのに生きる目的がわからないなんて、自然に反してないか?

いや、絶対おかしいですよ。

憎い敵と和解しようが姑息な手段を使おうが逃げ出そうが、臨機応変に環境に適合して生き残ることが自然界の目的なんだからそれでいいんじゃないんだろうかと思うんです。

ただ生きてるだけでも負けなきゃ勝てる。

他は全部手段でしかないんだから・・・











    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ