むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

2021年06月

今回の課題は、リフトシリンダーのオーバーホールです。

めちゃ硬い。

自作の工具にチェーンブロックで緩める。

KIMG5333


KIMG5332


Oリングが硬化してちぎれてますね。

KIMG5334


ばらしてしまえばお手の物です。

ユニックで釣って取り付けて・・

・・・なんて思ってたら、キャップボルトのネジを傷めた!

斜めに入ってたか!

M24✕1.5のタップで修正です。

KIMG5344


こんなところで凡ミスをやらかすとは恥ずかしい・・・


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

不安な気持ちが起きた時は、多分なにか理解できないことを潜在意識がキャッチしているときです。

それが何かが分かれば対処できる。

それを確信できれば心も落ち着きます。

不安というのは、理解できない事柄を無理にどうにかしようとしている事から起きてるフラストレーションですから、次回何かに不安を感じたらそれをまず観察することが大事ではないかと思います。

その上で、解決できる問題なら解決する、解決できない問題ならほっておく。

無理なら始めから取り合わなければいい。

どこかで無理をしてるから不安が起きてます。

そうは言ってもやらなきゃって事なら、できる人に振ればいいわけですね。

理解していない事に突撃する行為は自滅行為ですから。

無理は禁物です。

まずは観察。

調べて考察して、無理なら丸投げ。

できるようならやればいい。

生き残る道です。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

汚れたつなぎでいたら、

「仕事は服でするもんやないで」

って言われた。

長くこの意味が分からなかった。

仕事をしたら服は汚れるだろう?

汚れてもいいように作業服なんだろう?

前に外注された先できれいなつなぎを着てたおじさんがいたけどその時の感想が、

「こいつ、仕事してないな」

だった。

通常沸き起こるであろうこの通念を覆してくれたのが、

「仕事は服でするもんやないで」

という、この嫌味な言葉である。

この理論はどこからやってきたのであるか?

なんて考えていたら、最近わかった。

同業者との会話の中でである。

エンジンからの油漏れで、さるディーラーのサービスがエンジンの載せ替えの見積もりをしたらしい。

あまりの高さに困ったお客さんが、引退後の修理屋のおじさんに見てもらったらオイルクーラーのパッキンが傷んでいて修理代が十数万円で済んだらしい。

そこまで聞いて、

「ああ、そうか!」

と思った。

最初、お客さんは服で判断するけど修理ができるかどうかはそれにあたる人間に依存します。

結局は服ではなく、修理する人間なんだ

って事を誰かから聞いて間違って覚えてるんだな。

それが、さも分かったかのように出てきた

「仕事は服でするもんやないで」

というセリフなんですね。

これなら納得です。

バカバカしいけど、つまらんことで頭のリソースを使っちまいました。

人の話は当てにならんですね。

きれいな服だとイメージはいいけど、そいつは仕事をしないか、よそ行きの服を着てるだけなのである。

それが現実である。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

歳をとってくると、お寺に行きたくなります。

なんででしょうね?

落ち着くのです。

KIMG5307
KIMG5306
KIMG5305


自分ではどうしようもできないことが多いことに気づくからかな?

宗教というものが、そういう人の不安を利用して大きくなってきた事を考えると、そこに行ってもなにもないという事は分かっているのに。

なんででしょうね?

やはり、私などには考えも及ばないパワーがあるのでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

マツダのスクラムですが、水漏れです。

診断するも、サーモの下の方からダダ漏れでした。

原因は、ファンベルトが切れて叩いたからか?

KIMG5299
KIMG5302
KIMG5303


でもこれ、インテークアッシーで交換じゃ!!?

部品の値段が3万弱でした。

工賃入れたら結構な値段になりますね。

ギャー!!(T_T)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

話があっちこっちにいって収集がつかなくなる人がいますが、そういう時に振り回されないようにするのは至難の業です。

特に仕事中。

集中している時にベストのタイミングで話題をシュートしてくる。

たいてい作業が失敗します。

ハンマーで手を打ちます。

かなり痛い。

インパクトドライバーで手を弾いて親指から流血ダラダラになったことがあります。

トイレに入ろうとした時に話しかけてくるやつ。

開けたまま会話しようとしたら注意する。

それだったら、人が何をしようとしているかを見極めて話しかけて欲しい。

物事の本質以前ですが、状況判断できない人と大事な作業はしないほうがいいですね。

そういう時は孤独がいいです・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ユーザー車検制度が始まってから、ご自身で検査場に行かれる方も多いと思いますが、けっこう困るのが、ブーツの破れではないかと思います。

破れてなけりゃ通りますが、けっこうな確率でヒビが入ってます。

no title
1
2


わざわざレーンに行って、

「これ直してきてください」

って言われても、どうしたらいいか途方に暮れる。

物理的にもやりにくいし、法的にも認証工場じゃないと分解整備できないんですよね。

で、そこだけ整備工場に頼んでやってもらうんだけど、自分で車検に行った手前、工場のおじさんには言いにくい。

なんて、気を使う人も、今じゃ少ないか。

工場の方も割り切ってて、けっこう普通にいいですよとはなりますが。

昔みたいに意地悪な職人も減ってますからね。

お金はかかりますが。

意地ではなくて、お金になればいいか・・

って感じでしょうか。

ご時世ですね。









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

商売をしていると、たまに収益がどんと上がる時があると思うんですが、そこで大きな買い物をしなきゃなんて思うと、それが癖になります。たぶん。

バブル期に不動産を買いまくって本業がダメになった会社はけっこう多い。

習慣とはいかに恐ろしいものか。

タバコもいつの間にか吸ってる、タバコ代だけはどこからか出てくる、というのが禁煙のできない人の悩みだそうですが、これも習慣ですね。

逆に言えば、人間の意識なんてほんの一部でしかないということなんでしょう。

そして、無意識を操るのが、快不快の感情であるとのことです。

好きなものには無意識にくっつき、嫌いなものは無意識に避けるんですね。

それは、遺伝子の傾向であったり、幼児期の環境であったり経験であったりで自分の脳にそういうパターンができてるのでしょう。

で、どうすればそれを変えられるかと言うと、経験とか記憶を積み重ねるしかない。

食わず嫌いでやらないのであれば、いつまで経っても変わらない。

やってみたら意外と楽しかったなんてことはたくさんあります。

というわけで、したがり見たがりやりたがりは、いろんな世界を見られて超お得なのであります。

これに、勤勉さと勉強グセが加わると、きっと素晴らしい人生が待ってると思うんですね。

なんでも場数です。

勤勉な百戦錬磨の勇者には誰も敵いませんわ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とどのつまり、不安の原因というのは、分からないというところであります。

分からない=知らないという事が根本原因であれば、不安を解消するには知ればいいということですね。

それについて、よく調べて理解すれば不安は解消される。

あるジャンルについて詳しい人は、無意識にリスクを避ける事ができるし、それに不安を抱くこともないということですね。

無知と不安は密接に結びついています。

不意打ちを食らうと理解できずにパニックに陥る。

これも同じ原理ですね。

コツコツ調べて学んだら、必ず難なく問題に対処できるようになります。

それが問題でさえなかった事に気づくんじゃないかな?

起きる物事なんて、みんな同じようなものですもんね。

原因も似たようなものだし。

問題が起きたら、まずは徹底的に調べよですね。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

気が滅入ってくると、自然からパワーを貰いたい。

ということで、祖谷のかずら橋へGo!です。

KIMG5246
KIMG5247
KIMG5248
KIMG5249
KIMG5251


まあ自然というものはいいですね。

気持ちが良くなりました。

また明日からがんばろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ