むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

カテゴリ: 修理

古いユンボのオイル漏れですが、見てみるとマルチホース部分からダダ洩れ。

ho (5)


ho (3)


ho (2)


とりあえず外してみましたが、このホースは特殊で、カシメ部分がくるくる回ります。

ho (4)

なんか、過去に溶接修理してある。


ho (1)


電話で専門家に聞いてみると、このタイプのホースはスイベルになってる所にOリングとワッシャみたいなのが入ってて、それがへたってくると漏れるらしい。

しかも、駆動時に圧力がかかってると漏れなくて、停止するとあとからじわじわ漏れてくるとのこと。

更に今はもう作られていないだって。

でもこれ、エンジンかけてても漏れてくるんですけど・・

触ってみると、カシメのところがぐらぐらでした。

ho (2)


代わりもないとなると、他の方法を考える。

幸いホース部分は漏れていないので、代替品に交換するまでもないので、とりあえずはぐらぐらをどうにかすることにしました。

考えられる方法は、カシメ部分をもっとカシメるコース一択。

バイスプライヤーで挟んでぎゅー!

更にダメもとでカシメ部の端を丹念にポンチでゴンゴンやって、ジョイント部のぐらぐらがなくなるまで努力する。

組みなおしてエンジンをかけると、オイル漏れは止まりました。

いつまでもつかわからんけど。

でも、あまり使われない車なんでこれでいけると思います。








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

古いエルフのクラッチ板交換。

トラックなんで、下からアタックのみ。

とてもやりにくい。

排気ブレーキが邪魔してミッションが外れん!

焼けて固まったボルト(ほんとはナットを外したかったけどスタッドボルトが外れる)を何とか外してマフラーごと取り外し。

5


カバーと、焼けたクラッチ版を外す。

1
2
3


パイロットベアリングを外そうとしてショックを受ける。

6


ベアリングはフライホイールの向こうに入っておるんではないか??

なんでこんな作りにするのか?

疑問を抱きながらなんとか完了。

トラックのクラッチ板なんて頻繁に交換するんだから、作るときにはもうちょっと考えようよ。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日、工場のコンプレッサーが動かなくなりました。

圧力が下がっても電源が入らない。

古い機械なのでちょっと心配しながらもいろいろ考察する。

4


手動ボタンを押すとヴーヴーってモーターがうなる。

そのまま押してるとブレーカーが落ちます。

サービスの人に聞いたら、よくダメになるのがコンダクタの接点で、流れる電流が足りないとモーターがうなるとのことでした。

1
2


接点を見てみると、焼けて状態もよろしくないみたい。

新品は高いので、とりあえず中古を探して交換。

でも症状は同じ。

さてはモーターが壊れたか?

って思ったけど、よく考えたら、圧力スイッチはオンになってるのにマグネットスイッチが入らない。

交流200Vはきてるんだけどな・・

ほかに接触不良が出るとすれば・・

ここしかない!

3


圧着端子から赤と緑の配線がすっぽ抜けてました。

でもなんとなく接触して電気は流れてたんでしょうね。

配線修理したらきちんと動く。

意外な故障でした。

まぁ、この機会にメンテナンスもできて、よかったよかった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

車検を通そうと陸事に行くも、フロントガラスのヒビで通らなかったNCP60のイストのガラス交換をやりました。

過去にワゴンRしかやったこと無いんで、色々調べながらの作業です。

まずは、ガラス内外の周辺を取り外してモールの取り外し。

1


モール、メチャクチャ硬いです。

2


メキメキメキ・・って力ずくで剥ぎ取る感じです。

4LJyhqj4QUGgC6dqFQrK9A


3


ワゴンRの時はケチってピアノ線だけでやったので手が痛くてたまらなかったので、今回はアマゾンで買った工具↑

かなりのスグレモノです!(Flushbay 7 PCS 車用フロントガラス 窓ガラス リムーバー 修理ツール ウインドシールドリムーバーセット 車窓ガラス除去ツールセット

4


Cリングがいつの間にか無くなっていたのを差し引いてもかなり使えます。

5
6


↑こうやって使うんだと思います(説明書なし・・だけど、安かったのでOK)

工具に線をつけてガラス下の接着剤にズドって差し込むと妙な快感を覚えます♬

ここでアマゾン様の工具の真価が発揮されます。

9


10
11
12


力を入れて一気に引っ張ると切れるので、ゆっくりスルスルギコギコやるとわりと簡単に外れてきます(軍手でピアノ線では地獄の痛さだったのに・・)。

ガラス上部では、何かが引っかかる。

7


なんか妙な押さえがありますが、カッターで隙間を作って線を通せばなんとなくクリアできました。

8


取り外し完了です。

no title


工具のおかげでかなり楽に作業させていただきました。

前に道具8割経験2割って聞いたことあるけど、それ本当だ!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

古くなったプロフィアでよく起こるそうなんだけど、パワーウィンドウの集中スイッチが”ジジジジ・・”とかいって効かなくなる現象。

音がするので電気が来てるんだろうと思ってテスターを当てると、黒に白線には24Vが来ている。

でも、モーターには電気が出てこないのでスイッチが壊れたのかと思って交換すると、大空振りします。

あちこち問い合わせると、ドアのヒンジのところで線がよく切れるとのこと。

もう古いので全部やりかえるか・・

って、内張りの中から車体のグロメットまでの線を一本ずつやり変えました。

20190205_083013


線は中で黒くなってて、交換は正解・・(診断間違えで取ったスイッチ12500円?↑)

・・かと思ったけど、症状変わらず。

”ジジジ・・”って言わなくなったけどモーターは動かず。

配線間違えかと思ったけど、それも間違えてませんでした。

で、結局、パワーウィンドウの20Aヒューズから線を引いてきて、黒に白の線に繋げてみると、完動。

ドア側ではなくて、車体側の線の中が切れかけてて必要な電流が得られてなかったという事でしょう。

24V来てたら良さそうに思うんですけどね・・

しかし、間違ってスイッチを変えたのがこれで2台目。

我ながら、学んでませんな・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日、車検に入れていただいたお車を取りに行くと、なぜか走らない。

ミッションが重いな・・

なんて感じながらも車載車に積み込み、お預かりしました。

で、降ろすときに思ったのが、ブレーキ効きっぱじゃないのか?

ってこと。

フロントあげて、車輪を回そうとしても重い。

おかしいなぁ・・

って、ブレーキばらしてみるか・・

で、フルードタンクを開けると、妙にねばい。

上からフルードを吸おうとしても、なんか吸わない。

吸引ホースでも詰まったか?

ってホースを取り出すと、フルードが糸を引いてる!

こんな現象は初めて見ました。

慌ててお客さんに報告すると、

「なんか、減ってたからそのへんにあったオイルを入れた」

とのこと(あとで分かったのが、チェンソーのオイルらしい・・)。

化学変化を起こしたんでしょうね。

粘いからキャリパーピストンが戻らず、ブレーキ効きっぱになったと判明。

キャリパーシールもブヨブヨになってました。

ブレーキマスターシールとリヤカップも交換。

キャリパーピストンが錆びてたのもそのせいかは知らんけどこれも交換。

執拗にブレーキフルードを追加しながら全輪エア抜きと洗浄をする。

ホースも変えたいけど、そこまではしませんでした。

今回の車検はけっこう費用がかかるんじゃないかな?

まぁ、ブレーキが効かないんじゃなくて、効きっぱだからまだ良かったです。

ブレーキフルードが減ったら必ず指定のオイルを入れましょうという教訓ですね。

タンクの映像を取り忘れたましたのでこれしかありませんが・・↓

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

auのQuaTab02というタブレットPCですが、これが、液晶だけという入手経路がない。

いや、まったくないというわけでもないけど、アリエクスプレスで5000円(47-55ドル)ほど→ここです

ヤフオクではジャンクが送料込みで5000円くらいで手に入る。

同じくらいか・・

急がないお客さんの依頼であれば新品でしょうけど、貼り付けてあるバッテリーを剥がして付け替えるのも面倒だし自分のだったら接着剤でいいやって思って探したら、アマゾンにガラス用接着剤がありました。



タッチパネルにも使えるのかわかりませんが。

早速作業してみました。

1 (1)


なんだかいい感じですね。

1 (2)


これで、硬化した後膨らんだ部分をスクレイパーの刃でそぎ落とせばいいのではないかと思います。

固まるのが楽しみ♪

固まった後、スクレイパーの刃で画面を平滑にすると・・

OI-RZlMvPRDdu2_En285VgIypwUTsjDT9vZVcYLTH2ApX92IB


「おー!」

かなり目立たなくなりました。

うまくヒビの間に接着剤が入ったみたいです♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日ブレーキが効かないというので外してみたら物凄いことに!

breki (2)


ピストン〜パッドがガッツリくっついてます。

ここまでくるとリペアは厳しいです。

ガスガス叩いてボコボコ外す。

breki (1)


構造は単純なんですが・・

結構な作業になりました。

でも楽しかったです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

古い車になると、ゴム製品がどうもダメになります。

エンジン周りのホースなんかは変質して硬いプラスチックみたい。

2
1


カッチカチやぞ

って感じですが割れてると、またいろいろと問題がある。

こうなると、ホース類は全交換したくなりますね・・


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

車がヒートしたとのことで急行しました。

まずラジエーターに水がない。

水漏れ場所を探そうと、水を入れてみたら、見たこともないところから漏れ出しました。

h (4)
h (3)
h (2)
h (1)


↑ここ。

ラジエーターのアッパーホースですね。

こういうところからの漏れは見たことはありませんでしたが、ホースはなんか薄くなっている。

コレを交換しても他のところも弱くなってるかもって非常に不安になります。

予算の都合もあるので、全部交換というわけにもいかないでしょうけど。

それと、ヒートでヘッドガスケットがやられてないか心配です・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ