むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

カテゴリ: 修理

K13のマーチに日産純正のHC308D-Aという一体型HDDナビを取り付けたところ、車を進めてバックしたら動かなくなりました。

エンジンを止めてキーを回してもセルリレーの音はするがセルが回らない。

そして、メーターパネルにはブレーキの警告灯が。

ナビを付けてなったから、原因はナビだろうけど、スキャンツールで診断するとCAN通信エラー(コードがU1000とU1001)。

どっかショートさせたか??

とりあえずネットで手がかりを探すと、U1001についての情報が(英語だけど)!

翻訳すると「日産自動車では、この問題のサービス速報を公開しています。日産車の一般的な原因は、エンジンコンパートメントのハーネス接地接続不良と、ダッシュの後ろの接地接続です。ハーネスの接地を清掃して再接続し、エンジンライトをリセットします。」とある。

しかしエンジンやECUのアースを見直すも悪そうにないし直らない。

ブレーキにCANにオートマ!

どれだ!?

あちこち見てたらバッテリー横のヒューズボックス内にあるA/T コントロールの10Aが切れてました。
cDjv26AFJMrxm1ovmnRTvtWU7fh2xma432hu-Td3v5opX92IB


犯人はバック信号でしょうね。

バック信号の配線をカットすればいいんだろうけど、また別のナビに変える時が来るかもしれないと考えると、車輛信号のカプラは挿さずにおいただけの方がよさそうなので、メインのカプラとアンテナを挿して完了。

車が2012年モデルに対し、HC308D-Aは2008年製

純正だからって、カプラーが同じだからって、安心していてはいけないんだなと思いました。

いや、ひょっとしたらナビ本体が原因かもしれませんが。

ヤフオクで買いましたからね・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ユニックの自然降下が激しくなったのでデリックシリンダーを開けてみました。

外すのにキャップが無茶苦茶硬い。

最後には冶具を溶接して外す。

1


・・と、ピストンが外れて出てきました。

2


かなりおかしい。

ので、よく見ると、固定のためのネジが破損していました。

3


条痕が・・

更にチューブを覗くと、

4
5


もうどうしようもない。

ネジが緩んで飛び出たところを使って上下動させたのでチューブに傷が入ったんでしょう。

それがまたピストンとシールに傷を入れて油圧が保持できなくなったという事ですね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

バックモニターがつかなくなったとの事で入庫したトラック。

電源はACCから取っていたので、ヒューズを確認したら切れてました。

次に、どこがショートしているのかを探す。

簡単なところから・・

って、すぐにシガーソケットがグラグラなのに気づいて外してみたら、案の定。

siga


ちょっとあっけなかったですけど、ヒューズを取り換え、外れたプラス端子を養生して完了です。

バックモニターまで追いかけないといけないかと思っていたけど、これは楽でした(^^♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブレーキのバックプレートからオイルが漏れているって事で急遽修理となったエルフ。

他のライニングも減っていたので、4輪ともオーバーホールすることになり、開けてみると・・

見るなり

「たまぁるか」

って、言葉が出ました。

1
2
3


こんなかんじ。

ブレーキオイルではなく、グリスが回ってました。

ハブの中のグリスもしゃぶしゃぶ。

4
5


掃除に時間を取られてかなり時間がかかってしまいました。

多分これ、ハブナットの締めがやや緩かったんではないかと思います。

外すときの緩いと思ったので。

それともベアリングの寿命でガタが出たか?

しかし、他のハブに比べてグリスが変質していたので、ベアリングが踊ったかなにかで結構熱が加わってたんでしょうね。

奥のハブシールの耳が逝ってしまったのかグリスが液状になったので隙間から出てきてしまったのか良く分かりませんけど、まあベアリングは無事みたい。

なんとか夕方には組み上げてあとは乗ってもらうしかないです・・

他の原因もあるかもしれないので。

最後に恒例で、車に手を合わせて

「どうかご無事で。ありがとうございます」

って送り出します。













    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日、移動中にふと見た光景。

20180402_132408


一旦は通り過ぎたんだけど、戻って撮影させてもらいました。

なんとなく惹かれる。

こういう光景が目が留まるのは心に余裕ができたからでしょうか。

20180402_132333


それと、もう一つ。

20180402_174554

2
20180402_174300
1


機能最優先でロボコップのED-209を彷彿とさせるデザイン。

無駄にごちゃごちゃしたトランスフォーマーなど足元にも及ばない。

修理の基本中の基は、”使えればよし”ですものね。

これも行き過ぎたけど、戻って撮らせてもらいました。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日湿気で液晶のバックライトの切れたiPhone3GSの液晶パネル交換です。

1

乾燥剤で1週間ほど乾かしていたのでもう大丈夫でしょう。

1

底のネジを2本外して100均で買った吸盤で上に引っ張る。

2

上部の3つのケーブルを引きもがないように注意深く外すと、こうなります。

3

新しいパネルと並べて、同じものか比べる。

金属の反射板をグイグイ外して新しい方に取り付ける。

5

すだれケーブルが入れにくいけど、注意深く取り付けて元のように組み付けて完了です。

型遅れなんで部品も安くて済みました(在庫処分で送料込みで1200円ぐらい)。

使った工具(再掲)。


AC6088A 38in1特殊ドライバーセット トルクス ヘクスローブ 六角棒 Y型 三角ネジ 五角 ペンタローブ プラス マイナス iphone5 アイフォン ハッピーセット コンパクト

↑これと、100均の壁フックの吸盤。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

内部破損でガタガタになったデファレンシャルです。



入力軸がスカスカでした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

修理というほどの事でもないんですけど、先日湿気で壊れたiPhone4Sが復活しました。

症状は、電源が入ってない状態なのにLEDのフラッシュが点灯したままというかんじ。

水分が原因で中のどこかがショートしてるんでしょうね。

ダメもとでネットを探すと、対処法がありましたのでそれを参考に、

まず、電子レンジ禁止。

ドライヤー禁止。

冷蔵庫禁止。

だそうで、じゃあなにがいいかっていうと、乾燥剤がいいとのことで、裏蓋を開けてバッテリーを取り出しティッシュで湿気を拭いてから、おだしのパックに入っていた乾燥剤と一緒にジップロック付きの袋に入れて丸三日ほっといた。

そろそろいいかな?

って事で元通りバッテリーを付けて充電ケーブルを刺すと、なんと、バッテリーの充電マークが出るではないか!

で、充電が完了すると元通り直りました。

この機会にまた中古でiPhone5を買おうかと思ってたけど、必要ないですね。

得した感じです。

一緒に被害に遭ったiPone3GSはバックライトがダメになったみたいで、乾燥しても復帰しなかったのでパネル交換しようと思ってます(↓それまで乾燥されながら待機状態です)。

1


分解には日頃から愛用の特殊ドライバーセットが活躍しました。


AC6088A 38in1特殊ドライバーセット トルクス ヘクスローブ 六角棒 Y型 三角ネジ 五角 ペンタローブ プラス マイナス iphone5 アイフォン ハッピーセット コンパクト

一セット揃えておくと便利ですね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

エアーブレーキの警告音が消えないとの事で急行した修理。

前にも鳴ってたけど、一時直っていたとの事で、配線のどこかが接触不良を起こしている可能性が高い・・・と思いながらも現場に向かう。

警告が出る条件は、エアー圧の低下とブレーキ液の液面の低下、ブレーキマスターの押し込みすぎの三つ。

エアー圧は正常で液もある。

マスターは分解できないからセンサーの配線を外してみたけど鳴りやまない。

エアータンクの圧力センサーの配線を外してみるけど鳴りやまない。

液量センサーの配線を直結してみるけど同じ。

目視でもわからない。

あちこち揺するけど症状は変わらない。

かれこれ1時間、手つかずで考えるけど分からないから無意識にこいつを開けて見る。

1


ジャーン!!

2


ギボシが切れかけ!

触るとぽろっと外れた。

カバーのゴムがしっかりしていて揺すっても外れなかったのが仇となりました。

見かけは良くても開けられるところは開けて見るべし!

確認はおろそかにしてはいけませんね。

時間はかかったけど、勉強になりました。

3


配線修理して、警告音も止まり、まずまずの出来でした。

車に感謝の気持ちで手を合わせて撤収しました。

・・と、思ったら、次の日、また警告音がって連絡が入り、行ってみたら

pre


オイルプレッシャースイッチのナットが緩んでました。

配線も硬くなってガチガチ。

こっちも補修して終了。

マニュアルと写真をよく見たら、警告ランプはオイル異常の方でした(ブザーはどちらでも鳴る)。

エアのラインとオイルラインの配線が切れてたのと、たまたまオイルラインの配線が接触して音が止まったのが重なったのでしょう。

しかし、診断時からエアーのラインだという思い込みで違う所を見てたというお粗末な結末。

情けないところです。

でも見つけられてよかったです。














    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

エアコンの風が弱くなったって言うんで開けて見たらこんな感じ。

IMG_5980
IMG_5979


この車はフィルターが付いていない(後付けオプションだ!)ので、エバポレーターにほこりが直撃です。

ワンちゃん乗せて走るお客さんなので尚更ですね。

掃除したら、風も良好となりました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ