むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

カテゴリ: バカでないの?

僕が若えころ、笑い転げながら聞いてた空手バカボン。

ベスト



破壊的な作品でした。

こういう無茶苦茶ができたのが昭和のエネルギーだったんでしょうね。

こういう時代、また来ないかな・・・?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

僕は学生時代に大分の鶴崎に住んでました。

アパートは山川荘といった。

当時でも古い木造アパートで、4畳半2部屋をつなげて9畳部屋になってました(一部屋にバイク突っ込んでばらしたり組んだりして遊んでたので、部屋がガソリン臭かった・・・)。

2階建てが2棟あってお風呂とトイレで繋がったコの字型で駐車場を抱くかんじで建ってました。

失敗したのが、学校までの距離。

橋を一つ越えると卒業が一年延びるといわれていたのに、学校までは大野川を越える橋が一つあった。

だから当時自転車で通ってたけど通学が大変。

帰りに友達のところに寄ると、ついトランプに興じて帰宅が夜1時とか。

山川荘は学生ばかりだったんだけど、おばあちゃんが一人住んでて、10時以降はお風呂のボイラーを炊かないでくれなんて決まりがありました。

ので、残り湯でしか風呂に入れない。

夜中に帰ると、湯船は真っ白です。

最後に入ったヤツ、勇気あるなぁ・・

なんて考えながらもっと勇気を出して一度それで体を洗ってみたけど吐きそうだった。

ボイラーが炊けないのでシャワーで水浴び。

冬には耐えられないので風呂に入らなかったら友達から臭いといわれたので、仕方なしにまた夜中に水浴び。

今考えれば、友達の所でグズグズ遊ぶのをやめて早く帰ればよかったんですが、当時の優先順位はそれが最優先なんだから仕方がない。

夜中にパトカーに止められて職務質問されたり、ボタンのないシャツ着てたり、ペタルが片側取れてても修理せずに自転車に乗ったりと、今考えればとんでもない生活してました。

何でもっと勉強しなかったんでしょうね。

なんとか留年せずに卒業はできましたが・・

あれが若気の至りというやつですか・・

僕が言うのもなんですが、今の若者にはああいう生活はしてほしくないですね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やたら広告が出るので、ちょっとシストレに手を出してみました。

手数料無料でしかも簡単らしいのでアイネット証券を選ぶ。

少しずつ資金を入れてここを参考にとりあえず始めてみる。

これでほっとけばいいのか・・・

って、ほっといたら、最初は少し利益が出たみたいだけど、妙にマイナス約定が出てくる。

プラスマイナスでマイナスが多い。

お試しでやってるので資金が少ないからかな?

なんて思っているうちに、3000円、5000円と合計が減ってきて、-9000円になったところで夕方確認したら約定メールに「ロスカットのお知らせ」。

無題


こんな感じで、マイナス約定連発です(上の方はロスカット)。

最初の250円のプラスは自動で、上の320円のはループイフダンを停止して手動で約定したやつ。

殆どマイナス約定。

2週間弱で約15000円の損失。

ループイフダンの自動売買をストップしてポジションを設定したまま待とうと思ったけど、含み損を抱えるまでもなく当日中にロスカット。

自分でコントロールできない自動売買は怖い。

(同じような経験をした人がいる模様。)

ということで、ここからは撤退、残りの資金を引き出そうと思い出金手続きしました。

含み損でも置いとけばスワップ狙いで撤退しないのに、いきなりロスカットでポジションなしになれば撤退しやすいですね。

入金は即時だけど、出金が即時ではないのはどこも一緒か・・・(2営業日以降だって

アイネット証券は取り引き画面が出るまで時間がかかるのもちょっと。

サーバーが混んでるのかな?

実は僕はトラリピを前にやっていて、こちらは大儲けもしないけどスワップで少し潤った経験があります。

素人には便利な、らくトラという簡単注文方法もありますし。

自動追従しないから、設定レートを外れたら意図しない売買をしないところがいいと思いました。

トラリピを解除したらストップロスも解除されてポジションを持てる(そのまま含み損になる可能性もありますが、スワップも貯まるし、ループイフダンみたいにストップしてもマイナス決済されるよりはいいかな)。

資金が足りないと当然ロスカットはありますが・・

そういうことで(半)オートでやるなら(なんかメンテナンスが多いけど)トラリピがいいと思います・・(良くないニュースもありますけどね

・・が、賛否両論あるところをみると、相性というものがあるのではないかと思います。

絶対勝てるFXなんてありませんからね。

自分でコントロールしてるうちは、パチンコよりも勝率はいいんではないかな?

検索して調べてもアフィリエイトの関係で勝つところだけ強調したのが多いので、ネットの評判は当てにならない事も分かりました。

唯一確実な幸運というものは自分が作り出すものだ=情報は自分でやってみて手に入れる!

世の中の世知辛さを知るための15000円の授業料でしたね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

さっきまでなんともなかったのに無茶苦茶腹が立ってくる事があります。

原因の大半は会話。

喋ってないときは至って平静。

幸せすら感じていた。

・・・が、

奥さんが出てきて会話が始まると段々と腹が立ってくる。

これの繰り返しで怒りが爆発なんてことが多々ある。

でもこれは奥さんとの会話に限らない。

昔の友人にもこういう作用をする人がいた。

原因は、無駄話なんですね。

最初はいい。

最初は必要な話だから。

でも、それが続くのが問題。

会話が進むと話題が無くなって、過去の失敗話から気に入らなかった誰かの話とか、あの時こうしていればって後悔話とか、はては政治やニュースなどの時事話になる。

「どう思う?」

と、問われて意見を言うと、それはいかんとかそうじゃないとか、どうでもいいことで否定され始める。

黙っていると、怒ってるんじゃないかとか、あなたの事を責めてるんじゃないんだとか、妙な言いがかりをつけてくる。

「そんなことどうでもいいじゃん!」

って、爆発します。

無駄話とかおせっかいとかは危険な地雷だと思います。

必要があれば助け合えばいいし、そうもするんだから、不言実行でいいんじゃないのかな?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

以前の経験から、他の人の文句には同調しないようにしているんですが、この前知人から相談を受けたときにそれが裏目に出ました。

内容は会社の文句なんですが、それに同調していると自分もそういう気分になる。

以前の自分の経験では、自分の置かれている立場に不安を覚えて自分が発狂するにまで至った。

思い返せば、無い物ねだりで持ってるものに感謝しなかったのが原因。

そのまた原因は、お互いの不幸話をエンドレスで披露しあって傷を舐めあっていた事です。

社会の底辺では、こういうことがしばしばあるのでしょう。

家庭や会社に対する文句なんて、大抵は無いものねだりの、”たられば話”ばかりです。

でも、相談の形をした文句は同調してあげないと相手を不快にさせてしまいます。

「大変」って言う言葉に対して流れを変えようとした僕は、

「そんなに大変なんですか?」

って聞いたらいきなり切れられた。

僕が大変でなくて、一段高いところから見下してるように聞こえたんでしょうね。

現代社会でしんどくない人なんて、そうはいないと思います。

悪いことをしました。

かといって、同調するとまた自己暗示にかかるからそれはしない。

文句を言いに来る人は、高い崖から一緒に飛び降りてくれる人を探しているだけなのかもしれませんね。

でも、本当に困っているかもしれないし、それなら助けにもなりたいのが難しいところです。

一緒に文句を言う暇があったら一緒に頑張ればいいんですが・・・

時間はかかっても挑戦できるチャンスが生まれるかもしれませんしね。

楽して儲けようというスタンスが文句を生み出すのかもしれませんね。

あるいはお金は欲しいけど、やりたいことがないとか・・・

そういう相談を受けたときには、皆さんはどうされてるでしょうか??




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

若いときは、正義とか公正とかにこだわるもんですが、年取って色々経験すると、実は世の中は何でもありなんだなって感じたりします。

競争に負けて行き場をなくしたり、また別の道を進んだりと、それはそれでいいんだけど、若いときにはそれがわからない。

行き詰まりしか見えなくなると、絶望したりします。

待てばまた道が開けてきたりもするんですが・・・

子供の頃受ける教育では、善悪という概念を叩き込まれる。

その基準は、人に迷惑をかけてるとか、お巡りさんに捕まるとかいう理由が挙げられますが、これは周囲の感情や法律が元になってます。

これが、宗教では、神様とか教祖様が判断基準になる。

こういう社会基準がないと、誰もが自由に振る舞って秩序が保てなくなるので必要なんでしょうね。

考えてみれば、みんなが価値を認めなければ紙幣だって紙切れです。

誰も迷惑に思わなければ法律も有名無実になる。

共通意識を持たせるために権威を理由に、”こうしなければこうされるぞ”って教えるのが後に僕達の中に”こうあらねばならない”という正義になるんでしょうね。

そしてそれを人に当てはめようとする。

迷惑この上ないです(でも自分も無意識にやってる)。

自然界が生み出してくれた自分という観点からすると、基本的に正義と呼べるものは、”生存””繁殖”なんじゃないかと思うのですが、それに付随して”より快適な生活”→”共存”→”必要なルール”→”きまり”→”正義”と発展してきたのかな?

でも、これが複雑化しずぎて、「わけがわからないけどきまりだから守らなきゃ」ってなって、誰かを不幸にしてるのではないかと思います。

アドラー心理学が受けるのも、その辺の割り切りがはっきりと説明されてるからなんでしょうね。

で、近所のおばちゃんの噂話も、マスコミの報道も、いじめもそうだけど、人の事に構いすぎなのと、それを気にしすぎなのが、人を窮屈にしているのだということを、僕は経験から学んだのでした。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

壊れているものをみると無性に直したくなる性分で、また病気が出た。

うちに転がっている、ただの板と化したAcerのiconiaW4。

4
5


随分前から起動しない。

最初はふとした瞬間に起動していたのが、電源が入らなくなりました。

どうも充電していないように見えたので、バッテリーを疑っていたのが、遂にバッテリーを買ってみた。

裏を開けて、交換。

赤丸部分に強力な両面テープで貼られている。

2


古いバッテリーはどうせもう要らないんだって、”メリメリメリメリー”って剥がす。

そして新しいやつをセット。

1


なんだか線の色が違う(新しいのは緑だし)。

黄色と青の所がテレコになってるけど、対応品だからいいんだろうということで取り付け。

3


充電してランプが青になったので、起動するかと思いきや症状は同じでした(オノレ〜!)。

リベンジは今後のお楽しみです・・・



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

問題がある事はしんどいことなんですが、逆に問題が全く無くなったらどうなのか?

乗り越えるべき課題が無くなるといったほうがいいかな?

これがまた大変に恐ろしい。

そうなったら、生きていく意味を見いだせなくなるのではないか?

言わば、

「やり残したことは何もない」

って状況で、人は生きていけるのか?

恐ろしいですね。

すべてが揃った状況を求めつつも、同時に、それを達成した瞬間に目標を失ってしまう。

人は何かに向かっていくときに一番生きがいを感じるようで、動きを止めたら生きがいもなくしてしまう。

ぬるま湯の恐ろしさを感じます。

そうした事実を考えれば、満たされていない状態、問題のある状態には意味があるのだろうと思います。

そこから抜け出す努力をする限りは喜びを感じることができるのですから。

度を越した問題は嫌ですけどね・・・・


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まともに考えすぎると、妄想が湧いてきて不安になります。

ありもしないものを想像して対処しようとするあまり無駄な準備をする。

予防線を張る。

その殆どが無駄に終わります。

スキルにはなりますけど。

誰かの言動なんて、言外の意味など殆ど無いし、そのときの気分でその場の状況に合わせてただ反応しただけって事が殆どです。

その証拠に、過去の自分の言動の意図など殆ど覚えていないではありませんか。

家族関係も仕事も多分根は同じなんだろうと思いますが、

あの時あの人はああ言ってたけど、それにはどういう意味があったんだろう?

とか考え出すと、

もしかしていじめ?

自分は嫌われてるんじゃないんだろうか?

なんて被害妄想に陥る。

またそれをどうにかしようとして追いかけて、本当に嫌われる。

機械が壊れてるんじゃないかって不安になって、開けてみたら壊れてなかったけど、開けるときに壊してしまう。

なんて事もあります。

本当に問題があっても、そのままにしてたら直ることもある。

その時問題であっても、時間が経てば大抵はどうでも良くなったりします。

ではなぜ追いかけて要らんことをしてしまうのか?

それは、それをなんとかしたいという妄想、悪く言えば”欲”なんじゃないかと思うのですが・・・

その辺りの感情を無くせば、じっくり待つこともできるんだろうと思います。

いい加減じゃなくて、ええ加減っていうのがベストかな。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

付き合う相手を選ぶ事で人生は変わると思う。

出来ない理由を探してばかりいる人のそばにいれば、そういう影響を受けるし、できる方法を探す傾向のある人のそばにいれば自分もそうなります。

これが、何年も積み重なると、かなりの差ができる。

突然仕事を依頼されても

「やったことがある」



「やったことがない」

では、対応も変わります。

問題への対処の仕方も、積極的に乗り越えようとすればそうできるのに、まず出来ない理由を探せば乗り越えようとすらしない。

咄嗟の判断で分かれ道が起きることもあります。

でも思考回路は毎日の積み重ねでしか作られないので、かなりの確率で日常の影響が出てきます。

”なんであんな考えを起こしたんだろう?”

”なんで自分はこんな環境にいるんだだろう?”

って思って振り返ると、その頃までに何らかの影響を与えたものがあったりします。

そういうわけで、ニュースを見るにしても、読書をするにしても、人と付き合うにしても相手を選ぶというのは大事なんだろうなと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ