むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

カテゴリ: PCバカ

最初は戸惑ったけど、こなれてくると便利なWindows10。

でも、デフォルトでは遅いのでいろいろいじっているうちに高速化のコツみたいなものが分かってきたので覚え書きで記録しておきます。


まずはアップデートから。

マイクロソフトの公式ページからアップデートとメディア作成ツールのダウンロードページ

ここは外せませんね。

常に最新のWindowsにしたいものです。

ここからはMediaCreationToolもダウンロードできるので便利。


軽量化には、Comfortable PCで余計な機能をオフに。


更にエクスプローラーを開いて
2


PCを右クリックしてプロパティを左クリック。
3


システムの詳細設定→詳細設定のタブ→パフォーマンスの設定→視覚効果→パフォーマンスを優先するをチェックしてOKをクリック。
フォルダの画像がサムネイル表示されないと不便なので、カスタムをチェック。
アイコンの代わりに縮小版を表示するにチェックを入れてOK。
無題


動画の縮小版も表示したければMedia Previewを入れます。

もうひとつ念のためにPCのプロパティからシステムの保護を選択し、システムドライブ(大抵はC)の保護設定が有効になっていなければ有効に(ついでにこの時点でひとつ作成しといてもいいと思います)。
6



更に重いサービスCompatTelRunner.exeとWindows Error Repotingを停止します(ここを参考にタスクスケジューラ→タスクスケジューラ ライブラリ→Microsoft→Windows→Application Experienceと進み、Microsoft Compatibility Appraiserを右クリックで停止後、無効。Microsoft→Windows→DiskCleanUpやMicrosoft→Windows→Windows Error Repotingも無効に)。
(↓画像はクリックでおっちくなります笑)
10


タスクスケジューラの開き方はここ参考
9



Driver Boosterはドライバーの更新にはお勧めですが、アップデートのお知らせがアドウェアみたいな動きをしますので、使った後は、Microsoft Safety Scannerや、adwcleanerを走らせるといいかと思います。

Driver Boosterと同じIObitのUninstallerも便利なので僕は入れてます。


更にmsconfig(システム構成)を開いて(開き方はここに)、ブートタブからプロセッサの数を最大にしてOKして再起動。
5



Windows10はセーフモードが出しにくいのでフリー版でいいのでWindows10レスキューキットを入れておいてもいいかと思います(・・が、Windows10の起動障害でセーフモードで解決した事はない・・・)。

ついでに書くけど、プチフリバスターの有料版買ったことあるけどあんまり使わないうちにWindowsが不安定になり、Windowsを入れ直してプチフリバスターも入れ直したら認証できなくなったので有料版を導入するのは個人的にはお勧めしません。

これでけっこう快適に使えると思うのですが・・・

参考までに。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

この前からブルー・スクリーンを頻発するうちのPC。

NVIDIAのドライバーをアップデートしてから怪しい。

と思って、ドライバーのバージョンを落としてみたけど、まだたまに出る。

いろいろ調べてたら電脳本舗さんのWindowsレスキューKitにこういう説明がありました。

無題


電源管理が7の頃と変わっているのか・・・

Kitでオフにしてみる。

これでしばらく様子を見てみます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

起動途中に突然出て来るブルースクリーン。

急いで使いたいときに限って出ます。

us (3)
us (2)


よくわからんから予備のハードディスクに換装してウィンドウズ10をやめて7を再インストールしてしまおうかと考えました。

・・が、

前にWindowsレスキューキットEXを入れてたんで、Windows10+safemodeで起動できることを思い出す(・・・と、いうか、起動時に選択できるようになってました)。

これ使うと、セーフモードで起動できるんですね。

セーフモードで、起動できるタイプを選べるので1つずつ試してみる。

結局ビンゴは低解像度で起動するってやつでしたが、NVIDIAのドライバーが不具合出してるのか?

以降、最高から2番めの解像度に落として使うと再起動後もうまく動く。

ちょっとしたことなんでしょうけど、ドライバーの更新なんかした後は要注意ですね・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

急ぐときに出るとイラッとくるこれ。

無題


セキュリティ上、アップデートもいるんだと思いますけど、それが失敗する確率もまた多いのではないでしょうか?


でも、余りにも長いといきなりリセットスイッチを押したくなる(そして、衝動的に押した)。

そしたらまた出た。

41


もうしようがないからひたすら待とうと思ってたら最初よりはやく起動しました。

Windows10アップグレードアシスタントで更新状況を確認してみると以下の通り。

題


完了していた。

もとに戻してたんじゃないのか・・・

気長に待つ癖をつけないとな・・・


ここで修復してみるのも手ですね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

うちのXperia arc(SO-01C)も先日無事にアンドロイド4.03になったわけですが、スネークカメラを使うにはどうしても4.1以上のバージョンに上げなければならない。

a1


なぜって?

それはアプリが対応していないから。

色々調べて、こちらを参考にさせていただきました。

先日の作業でアンロックまでは出来ているので、参考にさせていただいたサイトがリンクしてくれているカスタムROMってやつをダウンロード

a


PCはXPのサブマシンを使いました。

まとめると、手順はどうやらこういうことらしい。

あらかじめカスタムROMを落として、zipファイルのままSO-01CのSDカードにコピーするのと、PCで解凍するのとふたつ作る。

SO-01Cの電源を落としてホームボタンの右のボタンを押しながらUSBに繋ぐ(LEDが青になる)

a2


PCでFlashtool(機種が古くて対応してないみたいなので、アンロック時に最新版ではなくv0.6.9.1を探して導入してました)を起動。

Fastboot mode→Select Kernal to Flash を選択して、PC上で解凍したboot.imgを選択すると処理が始まり終わる。

a3
a4


SO-01Cを取り外して電源を入れてすぐにホームボタンを押し続けるとセットアップ画面が出るので、wipe data/factry reset と wipe cache partition と install zip と順に実行。

a5
a6


install zip選択時、出てくる画面でSDカード→保存したzip状態のカスタムROMを選択。

ドロイド君が出てしばらくすると終了して沈黙したので、なんじゃこりゃってホームボタンを押すと、リブートしました。

見慣れないやつが出てきて無事起動。

a7

a8


端末の情報を見ると、無事4.4.2になってました(あれ?4.4.4にしたはずじゃ・・・???)。

a9


グーグルプレイでテーマを検索してスヌーピーをインストールして(おじさんが持つにはそぐわない)かわいいSO-01Cとなりました♪♪♪

a10


スネークカメラ添付の野良アプリも入れてみたらうまく動きます(が、USBカメラを認識しない・・・)。

試しに同じ手順でandroid5のROMを探して入れようとしたけど、インストール後、リブートを繰り返して駄目でした。

うまくやるにはext4とか、リナックスでパーテーション切ったりしないとイケないみたいだし、重くなったりしたらめんどくさそうなのでそこまではやらないでおきます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ