むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

カテゴリ: PCバカ

東芝 Satellite L750というノートパソコンが起動しないというので、色々調べました。

というか、電源が入らない。

ACアダプターを繋いでもランプが点灯しない。

色々調べてると、積層コンデンサーがよく壊れるらしい

ここでまず疑えばよかった・・

マザーボードを取り出して、ルーペで調べる。

積層コンデンサーはいっぱいあるので、焼けてるのを探すのが大変・・

KIMG6271
KIMG6343
KIMG6344
KIMG6346


焼けたようなところは・・ありませんでした。

参照したサイトでは、一個ずつ外して抵抗を測れと書いてある。

一個で挫折しました。

とりあえず、取り外した積層コンデンサの所に秋月電子通商で買ったものと交換(大変でした・・)。

もうめんどくさいからアリエクスプレスで同じ型番のマザーボードを購入することにして注文。

無題


5日後に発送で、しばらくして追跡したら発送できませんでしたと出る。

販売元に問い合わせたら、ボタン電池のせいで戻ってきたので返金しますとのこと。

国際郵便では電池が載ってたらムリか??

ならばボタン電池を外せばいいのでは?

なんて野暮な事は言わずに返金してもらうことにしました。

しょうがないからヤフオクで探したら通電確認のみのジャンクを発見したので落札しました。

KIMG6733


マザーボードを交換していざ電源を入れると・・症状は同じ。

うんともすんともピカッともいたしません。

参ってしまって、もしやと思い、バッテリーを取り替えてみたら正常に起動。

KIMG6751


ヤフオクのジャンクPCには東芝の純正が付いており、落札した商品には互換品が付いておりました。

KIMG6752


このバッテリーが高いので、結果的には純正で生きたバッテリーの付いていたジャンクPC購入が一番安かったわけなんでラッキーだったワケなんですが。

しかし、バッテリーが駄目になると通電のLEDも点灯しなくなるとは意外な発見でした。

















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日中古のPCを買ったんだけど、これにはもうWindows11が入れられてあったわけで興味本位で使うことにしたのであるが、キーボードが英字になってたのとWindows11がマックの丸パクリみたいで嫌だったんでWindows10を入れ直すことにしました。

しかし、どうやらグラフィックドライバーがクラッシュするみたいで何度やっても途中で画面が真っ暗になる。

結論として、セーフモードで起動してグラフィックドライバーを無効にすると解決するのであるが、セーフモードにするのに起動途中でブチッと切って診断モードを起こして選択肢から選択するという非常に心臓に悪い方法を取りました。

これで思ったのが、毎回起動時にセーフモードの選択画面が出せないんかいなということ。

普段からこの選択肢があれば、いきなり不具合が出たときに診断するなり復元するなりできるではありませんか。

どうしてマイクロソフトはこれを避けるのか??

しょうがないから調べてみました。

いろいろあるけど、Windows PowerShellを使うのが一番ラクでよかった。



こちら。

以下、要約させていただきます。

Windowsキー+Xから Windows PowerShell(管理者)を起動

bcdedit /copy "{Current}" /d “Windows10 Safe Mode”

と入れて、Windowsキー+Rでmsconfigを呼び出して、ブートオプションでWindows 10 Safe Modeを選択、セーフブートにチェック、最小を選択、すべてのブート設定を固定するにチェックしてOK。

再起動でうまくいきました。

KIMG6190


これで安心してPCを使うことができます。

情報、ありがとうございました♫

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ネット時代の節約には欠かせないのが、検索技術。

最安値を探せるかどうかが格差の分かれ目とさえ僕は思うのです。

商品名が分かれば価格.comで探すのは定番だけど、最近ではフリマサイトも充実してきているので、ヤフオクに加えてペイペイモールやメルカリも要チェックです。

順番としては、

 価格.com

  最安値.com

 ベストヒット通販

  メルカリ

 ヤフオク

 PayPayフリマ

  ラクマ

 物によったら

アリエクスプレス

 ミスミ

 モノタロウ

これを執拗に探す。

そして、送料込みで一番安くてより多くポイントが溜まる、あるいは溜まったポイントで現金を使わなくて買えるのを選ぶ。

割引キャンペーンやクーポンがあればそれも加味する。

更に一日置いて、本当にそれが欲しいのか考える。

一日経ってどうでも良くなってたらそれは買わない。

これを執拗に繰り返すと、小金が溜まると思うのです。

みなさんもいかがですか?

ついでながら、ヤフオクで欲しい物があればオークファンで入札予約しとけば落札の可能性が大きくなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前に買ってたスキャナがWindows10の導入で使えなくなって久しい。

MustekのS40ってやつですけど。

OEMで他社からも発売されてたらしいので、困ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

で、検索かけても、怪しげなサイトしか出てこないんですよね。

本家Mustekで探すと、まぁ、見つかるんですがこれがわかりにくかったのでリンクしておきます。

MustekS40ドライバーはここです。

メーカーのドライバーサイトのオールドプロダクトの中に入ってました↓。

無題


どなたかのお役に立てれば嬉しいし、自分もすぐ忘れるからここにリンクしておきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

MacAirのメモリエラーでメモリーのリフローをやることに。

起動しないでビープ音が鳴るってやつです。

1


こちらのブログを見るとリフローはやらないほうがいいとの事でしたが、壊れてもいいというお客さんのたっての希望でチャレンジしました。

再発の可能性が高いとなると、やりたくはないですが、中古のロジックボードに替えても故障の可能性は同じではないか?

なんて考えながら、まぁ、自分のスキルにもなるんだからとやることにしました。

バラすのは、まぁ楽な方だとして、こんな華奢なロジックボードにヒートガンで熱を加えても大丈夫なんだろうか?

2
3
4


とかいいながらも、気休め程度の鉄板で、関係ないところを保護して、

5


役に立つかわからんけど、チップ周辺にフラックスを塗って・・・

”ガーッ”

炙るのは適当で、手前半分を2分、あと半分を2分ずつ。

念のため裏側からも少し炙る。

かなり熱くなったので怖い。

自然冷却で20〜30分放置。

CPUグリスを塗り直して組み立てる。

まさかこれぐらいで直りはしないだろうって思いながらスイッチ押したら、あっさり起動しました。

6
7


またバラすのめんどくさいから、交換する場合の為ロジックボードの型番(820-2375-A)も記録して暫くテストしてお祈りして納品です。

南無三です。

体だけは大事にしてくださいよ。

元気で頼んます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ふとアマゾンで購入した無線マウスですが、これがなかなか良いものでした。

KIMG0689


「ダンゴムシみたい」

届いてから思った。

KIMG0690


上蓋をスライドさせると、クリックボタンが出てきます。

KIMG0691


2つ買いました。

KIMG0692


そして充電式。

電池交換の煩わしさがない。

オススメです。

(でもアマゾンのレビュー見たらすぐ壊れたとありますが・・?)

しばらく様子見かな?

チャレンジしてみたい方がおられましたらこちらからどうぞ↓。

スライド式 静音 ワイヤレスマウス




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

これまでWindowsのドライバーを更新するのにDriver Boosterを使わせていただいておりましたが、時々右下に出るポップアップが気なるので他の物を探してみました。

見つけたのが、DriverMax

早速フリー版を使ってみると、Driver Boosterでは出てこなかったドライバーがいくつか出ました。

これはイケると思い、何日かかけてドライバーを更新してみる。

このせいかどうか分からないけど、PCがなんだか不安定になっていくような気がする。

今朝は2度固まった。

試しに再度Driver Boosterフリー版を入れてスキャンすると、7つの古いドライバーが・・

DriverMaxで全部更新したんじゃ・・?

なんか良くわかならいけど、Driver Boosterで更新したらPCの調子が良くなったような気がします。

DriverMaxの評判を調べると、サードパーティー製のドライバーも持ってくるみたい。

更にDriver Boosterの評判も見てみると、やはりトラブルはあるみたい。

PCとの相性もあるんでしょうね。

そもそもドライバーに不具合が無いとも言えないし。

検証された方の記事も参考にもう少し研究してみたいと思います。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日、CPUファン&ケースファンを追加した結果、以下のような状態が継続。

無題


34-55度をキープ。

なかなかナイスです。

これで真夏の暑さにも耐えられるか楽しみです♬
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日来、水冷システムの劣化からスタートしてPCの冷却化を図ってきた経過がありますが、今度はケースファンを追加。

といっても、横の蓋に穴を開けてファンを添えただけですが(↓とりあえずだからコードで抑えてある)。

5pb-ggcNQNSNRMGtIKr7Rg


さて、少しは変わるか?

無題


↓こちらがケースファン追加前

1


大して変わらん。

いや待てよって思って少ししてから測り直すと・・

2


最小温度が減ってました!

最小温度だけど、起動直後は負荷が大きくて温度が上がるけど、少しするとエアフローが効いて効果が出たってところでしょうか。

満足です。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

水冷キットが全然効いてないことが判明したので早速アマゾンでCPUクーラーを注文しました。

さすがアマゾン!

翌日到着。

休日のうちに換装したかったのでこれはありがたい。

こういう状態のを↓

4

sGqjyeH6QR28kiMIR26fAg


取り外す。

8


そのままではホースが出ないので、お風呂の杓子で受けながらホースをちょん切る。

杓子がコケて冷却水で床がぐちゃぐちゃに!

7


これだから水冷は嫌い!

ホースを抜き出して

8


マザーボードを外して、水冷用のバックプレートを取り外す。

代わりにCPUクーラー付属のブラケットを取り付け(これは簡単)。


6


CPUクーラーもいい感じで取り付きました。

4


温度もMAX99度だったのが54度まで下がった!

no title


なかなか優秀です。

早くやればよかった・・

というより、水冷で変な改造しなきゃよかった。

元に戻すのが大変です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ