むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

カテゴリ: 仕事バカ

先日三菱のアイ(HA1W)が異音修理で入りました。

オルタネーターのベアリングが原因だと思ったら、エアコンのコンプレッサーですね。



新品は高いんで、お客様がご自分で中古を手に入れて持ち込んでくれて、それを交換して修理完了です。

部品が高いと、お客様の懐事情によっては値切りの話になります。

高いのは、部品と消費税なんだけど、それが分かってくれないと”ぼったくりだ!”ってなりますね。

工賃を下げると、仕事として成り立たなくなります。

こういう理屈のわかってくれるお客様は非常にありがたいです。

部品持ち込みだと、その部品については自己責任にもなりますしね。

ありがとうございましたー♬








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

古いユンボのオイル漏れですが、見てみるとマルチホース部分からダダ洩れ。

ho (5)


ho (3)


ho (2)


とりあえず外してみましたが、このホースは特殊で、カシメ部分がくるくる回ります。

ho (4)

なんか、過去に溶接修理してある。


ho (1)


電話で専門家に聞いてみると、このタイプのホースはスイベルになってる所にOリングとワッシャみたいなのが入ってて、それがへたってくると漏れるらしい。

しかも、駆動時に圧力がかかってると漏れなくて、停止するとあとからじわじわ漏れてくるとのこと。

更に今はもう作られていないだって。

でもこれ、エンジンかけてても漏れてくるんですけど・・

触ってみると、カシメのところがぐらぐらでした。

ho (2)


代わりもないとなると、他の方法を考える。

幸いホース部分は漏れていないので、代替品に交換するまでもないので、とりあえずはぐらぐらをどうにかすることにしました。

考えられる方法は、カシメ部分をもっとカシメるコース一択。

バイスプライヤーで挟んでぎゅー!

更にダメもとでカシメ部の端を丹念にポンチでゴンゴンやって、ジョイント部のぐらぐらがなくなるまで努力する。

組みなおしてエンジンをかけると、オイル漏れは止まりました。

いつまでもつかわからんけど。

でも、あまり使われない車なんでこれでいけると思います。








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

古いエルフのクラッチ板交換。

トラックなんで、下からアタックのみ。

とてもやりにくい。

排気ブレーキが邪魔してミッションが外れん!

焼けて固まったボルト(ほんとはナットを外したかったけどスタッドボルトが外れる)を何とか外してマフラーごと取り外し。

5


カバーと、焼けたクラッチ版を外す。

1
2
3


パイロットベアリングを外そうとしてショックを受ける。

6


ベアリングはフライホイールの向こうに入っておるんではないか??

なんでこんな作りにするのか?

疑問を抱きながらなんとか完了。

トラックのクラッチ板なんて頻繁に交換するんだから、作るときにはもうちょっと考えようよ。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

車検を通そうと陸事に行くも、フロントガラスのヒビで通らなかったNCP60のイストのガラス交換をやりました。

過去にワゴンRしかやったこと無いんで、色々調べながらの作業です。

まずは、ガラス内外の周辺を取り外してモールの取り外し。

1


モール、メチャクチャ硬いです。

2


メキメキメキ・・って力ずくで剥ぎ取る感じです。

4LJyhqj4QUGgC6dqFQrK9A


3


ワゴンRの時はケチってピアノ線だけでやったので手が痛くてたまらなかったので、今回はアマゾンで買った工具↑

かなりのスグレモノです!(Flushbay 7 PCS 車用フロントガラス 窓ガラス リムーバー 修理ツール ウインドシールドリムーバーセット 車窓ガラス除去ツールセット

4


Cリングがいつの間にか無くなっていたのを差し引いてもかなり使えます。

5
6


↑こうやって使うんだと思います(説明書なし・・だけど、安かったのでOK)

工具に線をつけてガラス下の接着剤にズドって差し込むと妙な快感を覚えます♬

ここでアマゾン様の工具の真価が発揮されます。

9


10
11
12


力を入れて一気に引っ張ると切れるので、ゆっくりスルスルギコギコやるとわりと簡単に外れてきます(軍手でピアノ線では地獄の痛さだったのに・・)。

ガラス上部では、何かが引っかかる。

7


なんか妙な押さえがありますが、カッターで隙間を作って線を通せばなんとなくクリアできました。

8


取り外し完了です。

no title


工具のおかげでかなり楽に作業させていただきました。

前に道具8割経験2割って聞いたことあるけど、それ本当だ!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

古くなったプロフィアでよく起こるそうなんだけど、パワーウィンドウの集中スイッチが”ジジジジ・・”とかいって効かなくなる現象。

音がするので電気が来てるんだろうと思ってテスターを当てると、黒に白線には24Vが来ている。

でも、モーターには電気が出てこないのでスイッチが壊れたのかと思って交換すると、大空振りします。

あちこち問い合わせると、ドアのヒンジのところで線がよく切れるとのこと。

もう古いので全部やりかえるか・・

って、内張りの中から車体のグロメットまでの線を一本ずつやり変えました。

20190205_083013


線は中で黒くなってて、交換は正解・・(診断間違えで取ったスイッチ12500円?↑)

・・かと思ったけど、症状変わらず。

”ジジジ・・”って言わなくなったけどモーターは動かず。

配線間違えかと思ったけど、それも間違えてませんでした。

で、結局、パワーウィンドウの20Aヒューズから線を引いてきて、黒に白の線に繋げてみると、完動。

ドア側ではなくて、車体側の線の中が切れかけてて必要な電流が得られてなかったという事でしょう。

24V来てたら良さそうに思うんですけどね・・

しかし、間違ってスイッチを変えたのがこれで2台目。

我ながら、学んでませんな・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

時々セルモーターが回らず困っていたワゴンRですが、犯人はスターターリレーでした。

電装品の故障で、なったりならなかったりするのは物凄く煩わしい。

修理に行くと直ってたりして、取り付くシマもない。

このワゴンRも走行距離から判断して、念の為!とか言ってセルモーターを交換したら数カ月はなんの異常もなかったんです。

直った直ったって喜んでたらまた再発。

配線図見たら、スターターリレーがおりました。

無題


最初から配膳図見ればよかった・・

12 (1)


接点が焼けてますね。

12 (2)


台の上にススが付いてしまいました。

勘とか当てずっぽうで修理するもんじゃないですね。

勉強になりました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

突然エンジンが止まったビッグサム。

セルを回すとあるところでロックします。

バールでリングギヤを回してもグッと抵抗が増して停止。

エンジン内部で何かが止めてる感じです。

そういうわけで、カムカバーを開けてみると、4番の排気バルブあたりがおかしい。

カムシャフトを外してみたら以下の通り・・

20180911_120155
20180911_150203
ore2
ore


バルブの頭が折れちゅう!

ヘッドをはぐってみないと分かりませんが、多分ピストンにもダメージがあるかな・・?

それより直せるのか?

楽しみです(泣)・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

K13のマーチに日産純正のHC308D-Aという一体型HDDナビを取り付けたところ、車を進めてバックしたら動かなくなりました。

エンジンを止めてキーを回してもセルリレーの音はするがセルが回らない。

そして、メーターパネルにはブレーキの警告灯が。

ナビを付けてなったから、原因はナビだろうけど、スキャンツールで診断するとCAN通信エラー(コードがU1000とU1001)。

どっかショートさせたか??

とりあえずネットで手がかりを探すと、U1001についての情報が(英語だけど)!

翻訳すると「日産自動車では、この問題のサービス速報を公開しています。日産車の一般的な原因は、エンジンコンパートメントのハーネス接地接続不良と、ダッシュの後ろの接地接続です。ハーネスの接地を清掃して再接続し、エンジンライトをリセットします。」とある。

しかしエンジンやECUのアースを見直すも悪そうにないし直らない。

ブレーキにCANにオートマ!

どれだ!?

あちこち見てたらバッテリー横のヒューズボックス内にあるA/T コントロールの10Aが切れてました。
cDjv26AFJMrxm1ovmnRTvtWU7fh2xma432hu-Td3v5opX92IB


犯人はバック信号でしょうね。

バック信号の配線をカットすればいいんだろうけど、また別のナビに変える時が来るかもしれないと考えると、車輛信号のカプラは挿さずにおいただけの方がよさそうなので、メインのカプラとアンテナを挿して完了。

車が2012年モデルに対し、HC308D-Aは2008年製

純正だからって、カプラーが同じだからって、安心していてはいけないんだなと思いました。

いや、ひょっとしたらナビ本体が原因かもしれませんが。

ヤフオクで買いましたからね・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

内部破損でガタガタになったデファレンシャルです。



入力軸がスカスカでした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

エアーブレーキの警告音が消えないとの事で急行した修理。

前にも鳴ってたけど、一時直っていたとの事で、配線のどこかが接触不良を起こしている可能性が高い・・・と思いながらも現場に向かう。

警告が出る条件は、エアー圧の低下とブレーキ液の液面の低下、ブレーキマスターの押し込みすぎの三つ。

エアー圧は正常で液もある。

マスターは分解できないからセンサーの配線を外してみたけど鳴りやまない。

エアータンクの圧力センサーの配線を外してみるけど鳴りやまない。

液量センサーの配線を直結してみるけど同じ。

目視でもわからない。

あちこち揺するけど症状は変わらない。

かれこれ1時間、手つかずで考えるけど分からないから無意識にこいつを開けて見る。

1


ジャーン!!

2


ギボシが切れかけ!

触るとぽろっと外れた。

カバーのゴムがしっかりしていて揺すっても外れなかったのが仇となりました。

見かけは良くても開けられるところは開けて見るべし!

確認はおろそかにしてはいけませんね。

時間はかかったけど、勉強になりました。

3


配線修理して、警告音も止まり、まずまずの出来でした。

車に感謝の気持ちで手を合わせて撤収しました。

・・と、思ったら、次の日、また警告音がって連絡が入り、行ってみたら

pre


オイルプレッシャースイッチのナットが緩んでました。

配線も硬くなってガチガチ。

こっちも補修して終了。

マニュアルと写真をよく見たら、警告ランプはオイル異常の方でした(ブザーはどちらでも鳴る)。

エアのラインとオイルラインの配線が切れてたのと、たまたまオイルラインの配線が接触して音が止まったのが重なったのでしょう。

しかし、診断時からエアーのラインだという思い込みで違う所を見てたというお粗末な結末。

情けないところです。

でも見つけられてよかったです。














    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ