むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

カテゴリ: ちょ!

西原理恵子さんの作品で、本当に偉いのは坂本龍馬でなくて司馬遼太郎ってのがあったけど、それはそうかもしれない。

KIMG7270


長く忘れられていた英雄を掘り起こしたのが司馬遼太郎さんであったと思うからだ。

というか、小説の主人公になった段階で、かなり美化されている。

現地でボロカスだという野口英世さんみたいに、誰かの利益のために美化されて伝記化される人物というのは聖人君子とはいかないようだ。

死後褒め称えられる英雄と同様、かなり後にメチャクチャ言われる暴君ネロだとかも意外と平凡な生活を送っていたのかもしれない。

まぁ、夢とか理想というのはあってもいいものだとは思いますけどね・・

僕もなにかの拍子に死後かなり経って聖人化される可能性だってあるわけだ(無いと思うが)。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

脳のリソースには限界があるそうな。

だから、横でのべつ幕なしに話をされるとオーバーフローに陥る。

このため、昔の職人は仕事に打ち込むのに他を排除していたのだろう。

故に、モンキーレンチを投げてくるのである。

で、今の職人。

人手不足で一人何役もこなさなければならない所も多い。

こうして、サービスエンジニアと化した職人は仕事をしながらお客さんと話をしなければならない。

手を動かしながら喋るマルチタスクである。

これがかなりきつい。

お客さんにモンキーレンチを投げるわけにもいかず、仕事の質も低下させるわけにもいかない。

こうして消耗してやつれていくのである・・

労働者も減るわけですね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨年、H18年式のDG64W、マツダのスクラム(実はワゴンR)が白煙を吐くというので、ターボの交換とともにエンジンを載せ替えました。

何週間かして、アスファルトにオイルが垂れたあとがあるというので、交換していなかったミッション側の軸シールを交換。

エンジンはリビルトなので、リヤ側の軸シールは問題ないとは思ったんだけどついでにこちらも交換しました。

KIMG6913
KIMG6915


数週間後にまたタレ跡があるというんで、上げてみると、エアエレメントのダクトとかエンジンブロックの上、ターボからの返りのオイルホースの差し込みあたり、エアバイパスバルブにフィラーキャップの辺りにもオイルの跡が・・

ホース交換したりオイルプレッシャーのワッシャの設定がないのが悪いのかと思い、同ワッシャにシールテープを噛ませたり、フィラーキャップの交換と色々やってみる。

で、また車を上げてエンジンをかけて置いていると・・

KIMG7129
KIMG7131
KIMG7133
KIMG7157


エンジンとミッションの合わせ目からなんとなく滲みが・・

エンジン左側、プレートの前辺から出てきている模様・・

軸シールの入れミス?

青ざめるも、ミスしようもないような気もする。

シールの初期不良か、クランク軸の傷とか、色々思うけど、またシールを変えるのも無駄のような気もします。

困ったけど、エンジンとミッション間のボルトを増し締めしてると、出て来なくなったような気がする。

本当にエンジンの軸から漏れているのやらも怪しいもんです。

古い車なんで、ホースやらゴム類やらバンドやらがふやけたり硬化しているわけで、エンジンだけ交換たぐらいでそこまで神経質になってもだめなような気もします。

神経質な人には新車を買ってほしいです・・・







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

バネットのエンジンが突然ブルブルしたり良くなったりするってことで診断しました。

その際、グローのランプが点滅する。

水温センサーの配線の接触不良が濃厚だと思ったけど、他所様のブログを見てるとFIP補正がおかしい時に出るとのことで、噴射ポンプの横のカプラを外してみたら、この通り↓

他所様でも信号を確認したのか、手前の配線の一部が剥かれております。
KIMG6974


切れてるのは後ろ。

KIMG6975


車も古いし、切れた配線はハンダ付で修理。

これでよしって思ったけど、直らなかった。

試しに、当初予定であった水温センサーのカプラを触ってみると、調子が良くなったり悪くなったりします。

少し斜めにしてみると、こちらも断線してました。

これもハンダで修理しました。

これで完治。

最初にこちらを見つけてたら、FIPの方を見落としておりました。

できるだけ思い込みを捨てて、色んな所から情報をいただいて活用するのは大事だと思いました。

でもこの車、配線が固くなっててまだどこか切れそうです。

症状が出てきた時に対処するしかありませんが・・





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

選挙前のせいか、先週から突然円が下がった。

NZDが異常に上がったんで、以前大損こいて放置していたFXに手を出してみた。

上昇気流に乗って大儲けだー!

って、昨朝買いで入れて夕方見ると、下がり始めていた。

1万6千円のマイナス・・

週足は上昇だったんで、朝には戻るだろうってたかをくくったものの、気が気でない。

夜中、トイレに起きてスマホでチェックしたらまた下がっておる・・・

ここで損切りせねばって思ったけど、まあいいかってそのまま寝床につくもどうにもやるせない。

損切り待ち損切り待ち損切り待ち・・

って頭の中で苦悩が渦巻いてる間に寝てしまう。

すると、突然広瀬アリスさんが小さな女の子と勉強している場面に遭遇。

もちろん夢の中である。

教科書を忘れて隣の部屋に取りに行く。

どうやら自分の家らしい。

そうすると、広瀬さんは奥さんでこの子は僕らの娘なのか?

それを理解(?)すると、なぜだかほんわか嬉しい気分になった。

でも教科書を見つけて部屋に帰ると広瀬さんに、

「それじゃない!」

って怒られる。

反応は、モノホンの奥さんと変わらないな・・

でもいいか・・

だって、広瀬アリスさんだもの。

って、思ったところで目がさめた。

しかし、得した感覚が残っているのでありました。

この勢いで起きざまに損切りを断行。

2万9千円のマイナスであるが、広瀬さんのおかげでこれ以上深い傷を負わなくてすみました。

広瀬アリス>-2万9千円

で広瀬さんの勝ち!

これぞ潜在意識からの贈り物。

比例按分の法則であります。

人間、考え方次第でなんとでもなるもんですね。

良かった良かった。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

古いフォークリフトのティルトシリンダーのオイル漏れでシール交換をしました。

ばらしてみると、ボトム側のナットの緩みどめで、ネジの部分にポンチを打ってカシメてある!

KIMG6036


削ろうにも、ナットすれすれでムリ。

仕方がないので、中型のインパクトドライバーで無理やりバリバリやりました。

案の定、ネジは総なめ。

なんとかネジを切り直して、ネジロックを塗って締めたけど、取り付けて動かしたら”カンッ”っていって、ティルトしなくなりました。

シリンダーを引っ張ると、抜けてくる。

持ち帰り再びバラすと、想像通り油圧でネジが飛んで、ボトム側が外れてる。

仕方がないから、シリンダー側のネジは切り直してナットはネジ屋さんで調達(M20✕1.5)。

とりあえず締め込んで、ポンチのあった部分を溶接で固定しました。

今度漏れたら溶接を飛ばして再溶接しか無いのですが、設計者はこうなることを見込んで、ピストンアッセン交換を目論んでいたのでしょうか?

後のことを考えていないのか、特殊な治具を使わせたいのかわからない機械に時々遭遇します。

修理屋泣かせですね・・








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日運動公園のトイレから出たところで突然思った。

「誰でも間違いはするもんだ。だから許してやらなくちゃ・・」

これで、これまで会社の社長と2代目への不満で怒り心頭だったのがいきなり解消されました。

なぜか?

理由は分かりませんが、先日中野信子さんが、

「記憶領域と感情の領域は隣り合わせになってて、記憶が感情を呼び起こす」

っていうのをユーチューブで聞いたからかもしれない。

それが僕の頭の中で熟成されていま閃いたのだな。

思えば、まいどまいど奴隷のように扱われた記憶を呼び起こしてバカにされた事を思い出して怒りが再燃するパターンを繰り返しておりました。

僕の頭の中では、記憶を繰り返すごとに自分の中では自分を家畜にまで貶めておりました。

「おのれ、俺はあいつらの家畜か!?」

なんて感じです。

なぜそんなに卑屈になる?

嫌なら辞めればいいのに。

冷静な状態ではそう思えるのですが、ヒートした頭では、復習のことしか考えられなくなります。

これ以上やると、怒りのスパイラルが再燃するのでやめますが、要は、記憶が戻ってきた瞬間に考えることを、すぱっとやめること。

危険を感じたら、すぐに他のことに着手することですね。

手段はどうであれ、意識して考えるのをやめると腹も立ちません。

これまで怒りでかなり損してきたから、これからはこれでいこう。

できません、分かりません。、今からアホになりまーす!で、多分危機を乗り越えられる。

腹が立つ前にアホになりまーすって自分に宣言しましょう。










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日ご依頼いただきましたナビの取付け。

結局時間切れで諦めたのですが、経過をご報告いたします(誰に??)。

KIMG5912


デイズに付いてた↑(MM316D-W)のナビをワゴンRに移植という流れなんですが、特殊なパネルのためにまずは車両側の枠がいる。





あと、ナビがワイドなもんで枠にはまらない。

KIMG5913


ので、枠の前から押し込む必要がある。

・・・かなり怪しくなってきました。

極めつけは、カプラー。

KIMG5916 (2)


抜いてみたら24PIN。

KIMG5919 (2)


20PINのは変換カプラーがあるんだけど、




24PINのはTVキャンセラー用のしか見当たらない。




こうなったらギボシで作るか・・って思い、ネットでピンアサインを探すもなかなか見つけられずにお客さんが他のナビを探していいっていい出して終了。

無理するもんじゃありませんね。

プロとしては言い訳になるかもしれないけど、周到な準備をしてれば受ける前から分かったんだろうけど、工賃を値切られるとどうしてもこうなりますね。

プロなら安価では受けないって事もありますが。

費用対効果を考えますもんね。

それはお客さんも納得してくれてました。

チャレンジ精神が邪魔をして難しそうな仕事を受けてしまう傾向があります。

そのうち24ピンのピンアサインも解析しようなどと考え始めてます。

困ったもんです・・


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やる気を削ぐのは誰か?

それは環境であります。

環境が習慣を作り出し、人生を創り出すのである。

テレビであったり、漫画であったり、職場の同僚であったり自分の周辺にいる何かが自分のやる気を削ぐのであります。

それに負けないくらい自分というものを持っていればいいのであるけれども、そこまでない場合は、自分で環境を変える以外にはない。

とりわけひたすら追いかけて話しかけてくるおせっかいさんや宗教の人などは蹴ってでも自分から引き離さないと成功することはできません。

自分の荷ではないものはかるわない。

これを貫かなければ人生変わりませんよね。

以前、外国のテレビで、薬中毒の人がこう言っていたのを思い出します。

「俺みたいになるはなるな。

次に誰かがお前にヤクを勧めてきたら、迷わずぶち殺してやれ!」

殺すまでもすることはないだろうけど、自分を殺そうとしてくるやつには徹底して抵抗しろってことだと思う。

宗教の勧誘も似たようなものだろうと思うが、最近では投資話やブラック企業の上司なんかもそんな感じがする。

要は誰かが自分を利用しようとして働きかけてくるわけで、承認欲求の強い人間というのは容易に操られてしまう。

それとは断固として隔絶するべきだと思う。

逃げるべきは悪い影響をもたらす環境である。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

マツダのスクラムってワゴンRだと思うんですけど、それはともかく、バンタイプの車ってエンジン載せ替えってめちゃくちゃしんどいですね。

KIMG5367


色々外さないとハーネスが取れてくれません。

おまけに下ろす時にバランス崩してピンチになった。

部品の配達の人がたまたま来てくれなければ引っかかったワイヤーハーネスのためにお陀仏になるところでした((T_T))。

ひとりでやるもんじゃありません。

KIMG5374


下から見ると見晴らしがいいですね。

KIMG5370


ミッションジャッキから降ろすのも大変で、天井クレーンがなかったらこれもピンチになるところです。

ATFをばら撒きながら、やっと降ろしました。

乗せるの大変そう・・

そして、安定の悪いミッションジャッキの改造が必要だと思いました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ