むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

カテゴリ: 建設機械

機械を長持ちさせるのに、最近いい話を聞きました。

どこかの会社の機械のオペーレーターで、社長が来ても上司が来ても誰にもペースを乱されないおんちゃんがいたそうで、その時点での仕事は遅いが最終的な進みは早かったという事でした。

その方が機械の持ちもいいらしい。

バーっと動かして止めるというのを繰り返すと摩耗が進むのでしょうね。

ガンガンやってると社長の覚えもめでたいんでしょうけど、自分も機械もすり減ります。

最終的におんちゃんが昇進したかは分かりませんが、分かる人には分かるんですよね。

どっちがいいかは本人の選ぶことでしょうけどね。

負けなければ勝てるという、孫子の兵法を思い出しましたわ♫
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

会社的には美味しいだろうけど、現場的にはあまりやりたくないのが重整備。

今回は、重機のデフシールです。

スマホが汚れる事情でプロペラシャフトとヨークとケースを外したところから。

2


ケースを付けたままシールを外したかったけど、それはムリでした。

タガネでコツコツとシールを破壊しないと外れんかった・・

3


4


ここまでくれば折り返しです。

5


塗らんでもいいかもしれんけど、元のに塗っていた形跡があるので、僕も液体ガスケットを塗る。

6


支障のなさそうな端をトントントントン叩いて入れていきます(かなり硬いので苦労しました)。

7


あたりの部分のリップにグリスを塗って、ケースを元通り組み込んで・・

8


ヨークを見たら、減っております!!(今頃気づく??)

9


予算的にも仕方がないので、とりあえずペーパーで擦ってあとは神頼みです。

ギヤオイルは粘いし、元のに比べて少しはシールの位置もずれてるだろう・・

それなら減ってないところとシールの組み合わせで大丈夫かも??

最後に車両に手を合わせてお願いして完了しました。

完治したかは、あとは時間が立たないとわかりません。

何かが起きたらその時対処するしかありませんわ。

人生と同じく、イレギュラーのない修理なんてありませんからね。

でも一発で行ってほしいものです・・・



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

振動ローラーが吹け上がらないとの事で、見させいただきました。

あちこち見てたら、燃料の水フィルターのホースが動く。

軽く引っ張ると抜ける。

KIMG5730


直結するとエンジンが吹け上がる。

ので、ここから微妙にエアを吸ってるという事が判明。

これ、振動でよくなるらしいです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

重機のエンジン警告灯が出てエンストしたということで、出向きました。

4


オレンジの心臓に悪いやつが出てます。

診断機を繋いでみると、高圧ポンプの調整電圧が異常に高いと出ている。

エンスト時のエンジンの回転数を見ると2250rpmでハイアイドルです。

燃圧異常でECMが止めたか?

なんて考えながら専門に聞いたら、それでエンジンは止まらんだろうとのこと。

なんだか分からないけど、それは置いといて、なんで燃圧が異常に高いのかという方でベテランの方に聞いてみました。

考えられるのは配線の短絡との事で、5Vの検知電圧がECMにそのまま帰ってきてるとそうなる可能性があるんだそうです。

で、ポンプからECMまでのハーネスを外してコルゲートをムキムキすると・・

1


ありました。

外からじゃ見えないところに被覆のムケが。

原因は、コルゲートチューブのギボギボが振動ですれて被覆を剥いた感じです。

カプラーまで5Vが来てたので、断線はありそうにありません。

養生してリセットしたら、警告ランプはめでたく消えました。

アドバイス頂いた皆さん、ありがとうございました。

それにしても、配線を保護するためのコルゲートチューブが硬すぎて配線を痛めるなんて本末転倒ですね。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回の課題は、リフトシリンダーのオーバーホールです。

めちゃ硬い。

自作の工具にチェーンブロックで緩める。

KIMG5333


KIMG5332


Oリングが硬化してちぎれてますね。

KIMG5334


ばらしてしまえばお手の物です。

ユニックで釣って取り付けて・・

・・・なんて思ってたら、キャップボルトのネジを傷めた!

斜めに入ってたか!

M24✕1.5のタップで修正です。

KIMG5344


こんなところで凡ミスをやらかすとは恥ずかしい・・・


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

メインポンプが壊れて交換しましたが、これがメチャ重い。

ひとりで来るのではなかったと何度も思ったけど、ここが勘所であります。

KIMG5240


↑これを

KIMG5239



ここに付ける。

ロープで落ちないように吊っといて、徐々にずらし込んでいきます。

最後のスプラインのインは、ポンプのお尻にハンマーを置いて少し浮かして、頭の方は横からバールで少しずつこねこねして、そこそこ入ったらまた上がってお尻を押し込んでスコンと入れる。

クラッチでもなんでも、スプラインってヤツは、入った瞬間がとても嬉しいのです。

(😁)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

オイルがだだ漏れとの事でしたが、奥まっていて、とても確認できない。

シューシューいってるので、けっこう漏れているはずなんですが。

下から見ると、ワイヤーむき出しでサビサビのホースが一本見えたので、どうせ変えないといけないと思って交換することにしました。

手前はコントローラーからですが、相手はスイベルのところ。

それを確認するのもしんどい。

1
197478650_4390402084325873_1227947802120608827_n


どうやって外すかと言うと、逆立ち状態です。

なんとか交換してオイル入れたけど、まだしゅーしゅーいって漏れまくる。

どうやら横のカバーを全部外してみないとダメみたいですね。

最初から全部バラすつもりでやれば良かったです・・

続きは来週ですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

メッキの必要があって、業者に問い合わせることになった。

一社目。

図面を出したら見積もりしてくれるとのことで、図面を提出で、普通の対応。

二社目。

同じく普通の対応。

三社目。

前に問い合わせた営業所ではメッキ部門じゃなくなったとの事で、担当から電話させるとのこと。

少しあとに折り返しの電話があり、これがまたゾンザイな対応。

再メッキするよりですね、作り直したほうがいいですよ。

サイズはどんなですか?

というので、図面を送りますというと、今外出先なので口頭で言ってくださいという。

Φ80で長さ880ミリと言うと、それだったら35000円ですとのこと。

そんな安いんかいな

と思って、Φ80で長さ880ミリですよって言ったら、常識から言ったらそんなもんですよ。

だそうである。

直径8センチで80センチもあるシリンダーのピストンを制作してメッキして35000円なんて、逆に常識から考えたら採算会うはずないじゃん。

こいつやる気ないなって思ってそこは排除。

ここまで人をコケにする業者は、久々でありました。

どこか違う所から電話があったんじゃないかって思いました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

音が甲高くなったとのことでエンジンルームを見てみると、ターボが脱落している。

KIMG5038


それが、燃料配管を潰している。

幸い燃料は漏れていないけど辛そうである。

KIMG5044


手が回らないので応援を呼びました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

古い車両で、ラジエーターホースから水漏れ。

メーカーに問い合せたところ、生産中止で供給不可だとのことでした。

まずは部品屋さんに現物から制作してくれるところを探してもらった。

三週間ほどナシのつぶて。

その間、何度も問い合わせたけど、探していますでのばされた。

ホースだけはあったとの事で、直のホースだけ納品してきました。

ジョイントはまだ探しているとのことでした。

遂にお客さんから催促の電話があり、もうこちらで探すから現物を返してくださいと言って返してもらう。

で、インターネットから廃盤になったホースを作ってくれそうな3社を見つけて問い合わせ。

これが土曜日だったので、メールで問い合わせた2社はHPでは土日休みとなっていたので、すぐの返事は期待せずに問い合わせ。

後の1社はLINEで問い合わせができたのでお友達登録して問い合わせ。

こちらはすぐに返事が来たので、即現物を送る。

メールで問い合せた1社は夕方に返事が来たが時既に遅し。

切羽詰まっている時に助けになるのはやはりすぐにリアクションしてくれるところです。

こういう時は価格比較なんてやってるときではない。

安くて遅いか高くて早いか、どちらを選択するかという時には自ずと勝者が見えてきます。

しかし、LINE恐るべしですね。

最初の地元の部品屋さんに聞いたら延ばしに延ばした挙げ句、納品したホースは返品不可だとのことで、ここが一番まずい対応でした。

目に見えない相手との取引が不安だったから地元に頼んだんですが・・

初めての取り引きで現物を送るネットでの取引は立替もありますが、一度付き合いができてしまえば後は(たぶん)安心です。

もっと視野を広げていかないとダメだと思いました。

それとお客さんの立場から言えば、うちも、もっとレスポンスを良くしていかないといけないなと思いました。

雇われではしないけど、自分でやるときにはLINEも活用すべきだと思いました。









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ