むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

カテゴリ: 修理

会社的には美味しいだろうけど、現場的にはあまりやりたくないのが重整備。

今回は、重機のデフシールです。

スマホが汚れる事情でプロペラシャフトとヨークとケースを外したところから。

2


ケースを付けたままシールを外したかったけど、それはムリでした。

タガネでコツコツとシールを破壊しないと外れんかった・・

3


4


ここまでくれば折り返しです。

5


塗らんでもいいかもしれんけど、元のに塗っていた形跡があるので、僕も液体ガスケットを塗る。

6


支障のなさそうな端をトントントントン叩いて入れていきます(かなり硬いので苦労しました)。

7


あたりの部分のリップにグリスを塗って、ケースを元通り組み込んで・・

8


ヨークを見たら、減っております!!(今頃気づく??)

9


予算的にも仕方がないので、とりあえずペーパーで擦ってあとは神頼みです。

ギヤオイルは粘いし、元のに比べて少しはシールの位置もずれてるだろう・・

それなら減ってないところとシールの組み合わせで大丈夫かも??

最後に車両に手を合わせてお願いして完了しました。

完治したかは、あとは時間が立たないとわかりません。

何かが起きたらその時対処するしかありませんわ。

人生と同じく、イレギュラーのない修理なんてありませんからね。

でも一発で行ってほしいものです・・・



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

古いフォークリフトのティルトシリンダーのオイル漏れでシール交換をしました。

ばらしてみると、ボトム側のナットの緩みどめで、ネジの部分にポンチを打ってカシメてある!

KIMG6036


削ろうにも、ナットすれすれでムリ。

仕方がないので、中型のインパクトドライバーで無理やりバリバリやりました。

案の定、ネジは総なめ。

なんとかネジを切り直して、ネジロックを塗って締めたけど、取り付けて動かしたら”カンッ”っていって、ティルトしなくなりました。

シリンダーを引っ張ると、抜けてくる。

持ち帰り再びバラすと、想像通り油圧でネジが飛んで、ボトム側が外れてる。

仕方がないから、シリンダー側のネジは切り直してナットはネジ屋さんで調達(M20✕1.5)。

とりあえず締め込んで、ポンチのあった部分を溶接で固定しました。

今度漏れたら溶接を飛ばして再溶接しか無いのですが、設計者はこうなることを見込んで、ピストンアッセン交換を目論んでいたのでしょうか?

後のことを考えていないのか、特殊な治具を使わせたいのかわからない機械に時々遭遇します。

修理屋泣かせですね・・








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

振動ローラーが吹け上がらないとの事で、見させいただきました。

あちこち見てたら、燃料の水フィルターのホースが動く。

軽く引っ張ると抜ける。

KIMG5730


直結するとエンジンが吹け上がる。

ので、ここから微妙にエアを吸ってるという事が判明。

これ、振動でよくなるらしいです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は珍しくきれいに減っていたブレーキパットに遭遇しました。

KIMG5701

2
3


ちょうど0ミリですね。

音も出ず、ブレーキの効きも悪くないのでジャストのタイミングでの交換です。

なんだか気持ちがいい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

急いでいても、車検に行く前に必ずチェックするのがオイル漏れとブーツ類ですが、今回のアクティはタイロッドエンドブーツとロワアームのブーツとスタビライザーのブーツの三点セットで切れてました。

KIMG5684
KIMG5685


特に外しにくかったのがスタビリンクのブーツで、錆びててナットがはずれん。

1


インパでいくんですけど、ボールジョイントが一緒に回るもんで一定のところから共まいします。

で、ブーツを剥いてネジザウルスで抑えてからインパクトレンチで外したわけなんですけど、よく見たらこのボルトって六角レンチで留められるんですね。

3


よく考えられてます。

外す時には

「ホンダの糞ったれ!(ごめん)」

なんて言ってたのが一転しました。

ですがこのブーツ、部品の設定がなくて、みなさんリンク品で対応したりしてるみたいです。

部品屋さんに聞いたら、別のブーツで合うやつを使っているとの事で、今回はそれでいくことにしました。

2


ブーツは定期交換部品ですから簡単に交換できるようにしてほしいです。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

うちのNCP60もイストなんですが、前々からエアコンの調子が悪い。

まずなったのが、グローブボックス上からガタガタ音がするようになった。

しばらく我慢してたんだけど、エアミックスサーボを交換。



次に、エアコンを入れるとガタガタなるので、失火と思いプラグとコイルを交換。

そろそろ交換しなきゃって思いながらも時間がなくてよく調べなかったのでこれは空振り。

次にインジェクターかなと思い、一本ずつカプラを抜くと、3番が死んでたのでこれを交換すると、少し振動が止んだけど、満足行かずこれもどうも空振り、いや、ファールチップくらいかな?

懸案のエンジンマウントは外してみて調べたいものの、高いのと時間がないので見送りにして、チャカチャカ音のうるさくなったエアコンのコンプレッサーを交換、静かになったものの震えは止まらずこれもどうも空振り。

今度は室内のファンが動かなくなった。

間違ってヤフオクでクーリングファンレジスターを買ったけど、これはエンジンルームのファンを回すやつで、失敗。

今度こそはと室内のシロッコファンを社外品で買うも、動かない。

12V来てるのに。

配線図見ないで診断してもダメだな・・

どうもアースコントロールでレジスターがコントロールしてるのか?

現物を外してみればいいのにパーツファンで調べて品番から購入したらまた違う。

無題


KIMG5669


外した現物がこれ。

KIMG5670


077800-0620

カプラは同じなんでいくかと思ったら、全開でもそよそよ風が出る程度。

使えん訳でもないけど、自分の手抜きを棚に上げて、「しっかりしてくれよ、パーツファン!」なんて言いながらもこれでは困るのでアマゾンで注文です。

自分の車なんで、空いた時間にちょこちょこやるので判断も作業もうまくいきません。

というか、故障頻発しすぎ!

まともに部品商で部品取ってたら結構な額になるものと思われます。

古い車はしっかりと腰を据えてかかるべきですね。

趣味でやるとしたら別ですが、古いと税金も上がるし、そこまでして直すべきかどうか考えものですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

重機のエンジン警告灯が出てエンストしたということで、出向きました。

4


オレンジの心臓に悪いやつが出てます。

診断機を繋いでみると、高圧ポンプの調整電圧が異常に高いと出ている。

エンスト時のエンジンの回転数を見ると2250rpmでハイアイドルです。

燃圧異常でECMが止めたか?

なんて考えながら専門に聞いたら、それでエンジンは止まらんだろうとのこと。

なんだか分からないけど、それは置いといて、なんで燃圧が異常に高いのかという方でベテランの方に聞いてみました。

考えられるのは配線の短絡との事で、5Vの検知電圧がECMにそのまま帰ってきてるとそうなる可能性があるんだそうです。

で、ポンプからECMまでのハーネスを外してコルゲートをムキムキすると・・

1


ありました。

外からじゃ見えないところに被覆のムケが。

原因は、コルゲートチューブのギボギボが振動ですれて被覆を剥いた感じです。

カプラーまで5Vが来てたので、断線はありそうにありません。

養生してリセットしたら、警告ランプはめでたく消えました。

アドバイス頂いた皆さん、ありがとうございました。

それにしても、配線を保護するためのコルゲートチューブが硬すぎて配線を痛めるなんて本末転倒ですね。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IACVの汚れでエンジン不調って、JB5のライフでは良くなるらしいです。

僕ははじめて遭遇しました。

KIMG5553
KIMG5552
KIMG5550


汚れてますね。

きれいに掃除してからECUのリセットですが、これが分かりづらい。

というか、うまくいかない。

こちらを調べたら、どうやら一旦リセットして学習、冷やしてからもう一度学習するとうまくいくらしい。

今度はうまくいきますかどうか・・?

で、やってみたけど、症状変わらず。

プラグを変えたら直った。

見た目悪くなかったんですけどね。

プラグテスターが欲しいところです・・





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日エンジン載せ替えをしたスクラムの光景。

KIMG5374


なぜか、ちょっと嬉しかった。

降ろすのが大変だったからかな?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

マツダのスクラムってワゴンRだと思うんですけど、それはともかく、バンタイプの車ってエンジン載せ替えってめちゃくちゃしんどいですね。

KIMG5367


色々外さないとハーネスが取れてくれません。

おまけに下ろす時にバランス崩してピンチになった。

部品の配達の人がたまたま来てくれなければ引っかかったワイヤーハーネスのためにお陀仏になるところでした((T_T))。

ひとりでやるもんじゃありません。

KIMG5374


下から見ると見晴らしがいいですね。

KIMG5370


ミッションジャッキから降ろすのも大変で、天井クレーンがなかったらこれもピンチになるところです。

ATFをばら撒きながら、やっと降ろしました。

乗せるの大変そう・・

そして、安定の悪いミッションジャッキの改造が必要だと思いました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ