むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

タグ:事故

以前、ちょっとした事故で警察の現地調査に立ち会ったことがあった。

写真を撮るとき、自然と出たのが、

「口角を上げる」


クセ。

記念写真から就活から資格の写真まで、これまでずっとやってきた訓練の賜物が妙なところで出る。

若い頃に身についたこの習慣が、今でもカメラを向けられると出る。

葬式の写真でもなんでもカメラを意識したときにはいつも自分は口角を上げている。

なんか、やばい。

どういう写真になったかは知らないけど、妙な雰囲気を醸し出したのは間違いない。

自分の車がぶつけられたときにも笑っている被害者なんてそうはいないでしょうね。

なんか、マヌケ・・



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日免許証の更新に行きました。

優良者講習ではありましたが、待たされる時間がちょっと長いのが気になる。

そのうちAIで本人確認できる自動発券みたいなシステムに変わるだろうなと思いながら、もらったテキストを眺める。

じこ


なんと、いろいろワースト1位なんて言われる高知の事故発生状況が四国で最低。

死者も負傷者も愛媛の半分以下!

全国の事故発生件数だって27036件減って-5.4%です。

これは、警察関係者の方の努力はもとよりですが、少子高齢化の影響とか衝突軽減ブレーキなど、環境もいい方向に向かっているのではないか?

それと、増税の影響で車を持たない人が増えたとか。

まあ、いろいろあるんでしょうけど、いい傾向であることにはかわりはないのではないか?

でも、そこは誰も言わない。

「なんと、事故数、死亡者数が今年も減りましたー♬」

とか、NHKでもやってほしい。

警視庁の偉い人とかが出てきて、

「うん、みなさんのご協力もさることながら、これは私どもの努力の賜物でもあると思うのですよ」

とか、胸を張ってコメントして欲しい。

大抵は、

「全国的に事故数は減っていますが、依然として重大事故は発生しており・・」

なんて、いつも何かに憂慮していなければ安心できない感じ。

やはり、いいニュースはニュースにはならないんでしょうね。

「違反金で予算立ててますんで、これは困ったことなんですね・・」

なんて事はないですよね。

さすがに。

ともあれ、痛ましい事故が減っているということはいいことだと思います。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ