むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

タグ:取り外し

先週末に続き、フォークリフトSD25の噴射ポンプの取り外しです。

2


外す前にすべきことは、取り付けるとき困らないようにすること。

まずは、噴射タイミングの位置確認です。

1


エンジンのギヤカバーに蓋が付いていてどうやらそこから覗くらしい。

ue


シュラウドやらラジエーターファンやらホースやらベルトやらが付いていて全然見えないから、必要な分まで取り除く。

なぜかファンだけは外れないから無理して外さず、鏡で覗くことにしました。

クラッチ側の蓋を開けてクランクを回す。

クランク2回転に対して噴射ポンプは1回転なので、1回転目は印がない(ハズレ)。

2回転目では、見にくいけど合いマークが出てきました。

z


7だかZだか分からないけど、クランク側の印の間にポンプ側の印が挟まれるといい模様。

念のためもう2回転して同じ位置まで来ることを確認。

カバー側からM10のボルトを外して、ポンプを取り外そうとするが何かが引き留める。

3


良く見直すと、オイルの戻り配管を外し忘れていました。

5


ともあれ、無事に取り外し完了です。

77777


ギヤの合いマークはZみたいですね(ピンぼけで分かりにくいけど)。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

かねてよりの念願だぅたサンバーのオイル漏れ修理が入りました。

1


この車は、タペットカバーのパッキンを何度変えても漏れます。

2


カバーが歪んで締め付け力が十分でなくなってるのかよく分かりませんが、プラグ穴に直撃です。

まぁそれは後で対処するとして、今回のメーンイベントはクランクシールのリヤ側。

エンジンとミッションの間から垂れてくるオイル漏れ修理に取り掛かる。

舌なめずりしながら作業を始めた僕の前にいきなり立ちはだかったのはドライブシャフトでした。

抜けん!

この車のドラシャが抜けにくいのは業界の常識のようですが、ネットで調べても結構みなさん外している。

タガネを差し込んで少しずつ開こうとしてもバールでぐりぐりしても抜けん・・・

以前の僕ならこのパターンでドラシャ外しに情熱を傾けるのですが、歳くってちょっと冷静になってるのでこう考える。

「今回の目的はここのシール交換じゃないから他の方法を考えよう・・」


で、ショック外してドラシャの外側(ハブ側)のナットと内側のブーツを外してCリングを外して抜き出す・・

3
4
6


これで時間がかなり短縮できました。

あとで入れにくそうだけど、無理やり抜くよりずっと楽(^^♪

何事も熱くならないことですね。

あとは、いろいろ外してジャッキをすけてミッションを下す。

end


エンドプレートとトルコンを繋ぐボルトは右のドライブシャフトの後ろの小蓋の中です。

7


あんまり意味ないけど習性でマーキング。

8


カバーを外したらオイルがダラッと垂れてくるのを記念にビデオで撮ろうとしたけどうまく撮れませんでした(泣)。



でもそこには僕の心のようにササくれたオイルシールがありました。

9


10


きれいにして、交換。

11


あとは折り返し作業です。

ミッション乗せるのがまた大変でしたが、上に台おいて、レバーブロックで釣りながら下からジャッキで微調整しながら入れたらうまくいきました。

こういう時はリフトがほしいですね・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ