むやもとみさしの多芸ブログ

整備のことやら読書のことやら高知県の魅力やらを紹介します。

タグ:FD25

先週末に続き、フォークリフトSD25の噴射ポンプの取り外しです。

2


外す前にすべきことは、取り付けるとき困らないようにすること。

まずは、噴射タイミングの位置確認です。

1


エンジンのギヤカバーに蓋が付いていてどうやらそこから覗くらしい。

ue


シュラウドやらラジエーターファンやらホースやらベルトやらが付いていて全然見えないから、必要な分まで取り除く。

なぜかファンだけは外れないから無理して外さず、鏡で覗くことにしました。

クラッチ側の蓋を開けてクランクを回す。

クランク2回転に対して噴射ポンプは1回転なので、1回転目は印がない(ハズレ)。

2回転目では、見にくいけど合いマークが出てきました。

z


7だかZだか分からないけど、クランク側の印の間にポンプ側の印が挟まれるといい模様。

念のためもう2回転して同じ位置まで来ることを確認。

カバー側からM10のボルトを外して、ポンプを取り外そうとするが何かが引き留める。

3


良く見直すと、オイルの戻り配管を外し忘れていました。

5


ともあれ、無事に取り外し完了です。

77777


ギヤの合いマークはZみたいですね(ピンぼけで分かりにくいけど)。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今回のお客様はコマツのフォークFD25です。

ちょっと古い人気の機種。

症状は、いきなり黒煙を吐いてフルアクセル状態になったとのことです。

見てみると、確かに悶々と煙を吐く。

アクセルコントロールのバタフライ付近をいじっても変わらないので、噴射ポンプの故障と見られます。

燃料が濃いようですね。

ポンプを外してポンプ屋さんに持って行かないといけないけど、付けるときのタイミングはどこで見るのか?

fd20
ds


ラジエーター側に窓があるそうなんですけど、見えにくそうですね。

後は、来週のお楽しみです♪





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ