最初は戸惑ったけど、こなれてくると便利なWindows10。

でも、デフォルトでは遅いのでいろいろいじっているうちに高速化のコツみたいなものが分かってきたので覚え書きで記録しておきます。


まずはアップデートから。

マイクロソフトの公式ページからアップデートとメディア作成ツールのダウンロードページ

ここは外せませんね。

常に最新のWindowsにしたいものです。

ここからはMediaCreationToolもダウンロードできるので便利。


軽量化には、Comfortable PCで余計な機能をオフに。


更にエクスプローラーを開いて
2


PCを右クリックしてプロパティを左クリック。
3


システムの詳細設定→詳細設定のタブ→パフォーマンスの設定→視覚効果→パフォーマンスを優先するをチェックしてOKをクリック。
フォルダの画像がサムネイル表示されないと不便なので、カスタムをチェック。
アイコンの代わりに縮小版を表示するにチェックを入れてOK。
無題


動画の縮小版も表示したければMedia Previewを入れます。

もうひとつ念のためにPCのプロパティからシステムの保護を選択し、システムドライブ(大抵はC)の保護設定が有効になっていなければ有効に(ついでにこの時点でひとつ作成しといてもいいと思います)。
6



更に重いサービスCompatTelRunner.exeとWindows Error Repotingを停止します(ここを参考にタスクスケジューラ→タスクスケジューラ ライブラリ→Microsoft→Windows→Application Experienceと進み、Microsoft Compatibility Appraiserを右クリックで停止後、無効。Microsoft→Windows→DiskCleanUpやMicrosoft→Windows→Windows Error Repotingも無効に)。
(↓画像はクリックでおっちくなります笑)
10


タスクスケジューラの開き方はここ参考
9



Driver Boosterはドライバーの更新にはお勧めですが、アップデートのお知らせがアドウェアみたいな動きをしますので、使った後は、Microsoft Safety Scannerや、adwcleanerを走らせるといいかと思います。

Driver Boosterと同じIObitのUninstallerも便利なので僕は入れてます。


更にmsconfig(システム構成)を開いて(開き方はここに)、ブートタブからプロセッサの数を最大にしてOKして再起動。
5



Windows10はセーフモードが出しにくいのでフリー版でいいのでWindows10レスキューキットを入れておいてもいいかと思います(・・が、Windows10の起動障害でセーフモードで解決した事はない・・・)。

ついでに書くけど、プチフリバスターの有料版買ったことあるけどあんまり使わないうちにWindowsが不安定になり、Windowsを入れ直してプチフリバスターも入れ直したら認証できなくなったので有料版を導入するのは個人的にはお勧めしません。

余計なスタートアップをどけるのに、Autorun Organizerを使うのもいいと思います。
DLはこちらからどうぞ

更に速度アップを求めるなら、余計なサービスを停止するJetBoostも導入しましょう。
ただし、不具合の報告もあるので、まずは復元ポイントを作ってからがいいかもしれません。
DLはこちら

(ついでながら、JetCleanでのPCの掃除もお勧めしようと思いましたが僕のPCではエラーで途中停止しましたのでお勧めしません)

これでけっこう快適に使えると思うのですが・・・

参考までに。